生活

嫁が看護師を目指したら夫の生活はどう変化するのか!?

嫁が看護師を目指している夫のしゅん太郎です。

正確には現在、私の嫁は准看護学校に通いながら准看護師を目指しています。

いずれは正看護師視野に頑張っているのですが、共働きが当たり前の世の中です。

私たち夫婦も、子供が2人いますし住宅ローンなども考えると清々しい程に余裕がございません。

そんな中でも、何とか看護師を目指して准看護学校に入学して無事半年が過ぎました。

今回は、嫁が看護学生になると生活はどう変化していくのか紹介していきます。

看護師を目指す奥様方は、夫に何をさせれば勉強時間割けるのかという視点で参考にしてみて下さい。

夫であるサラ・リーマンさんは、何をしなければいけなくなるのか覚悟の参考にしましょう。

看護師を目指す為の貯蓄や資金繰りから始めよう‼

看護師になる為には、看護学校に通わなければならないのはご存知でしょう。

准看護師も同様に、准看護学校に原則2年間通ったのちに准看護師試験に合格することで資格を取得出来ます。

では、一体どれだけの学費やその他に費用が掛かるのか気になるところです。

貯蓄をしっかりされているご家庭であれば何ら問題ないことかもしれませんが、2年間金銭面の想定をすることは余計なストレスを掛けずに勉強する為には必須なので参考にして下さい。

看護学校に通う前に家計面を見直そう‼

貯蓄をしっかりしていても検討する必要がある程、共働きから片方が学生になることは家計に大きな打撃です。

簡単に我が家の収入状況の変化をご紹介します。

共働き時期
・夫の手取り 28万円
・嫁の手取り 16万円
・夫の賞与  無し
・嫁の賞与  年間35万
年間の合計手取り 約563万円

共働きの時期は、子供2人に住宅ローンがありますがたまに贅沢することも十分可能な生活でした。

嫁が学生の時期
・夫の手取り 28万円
・嫁の手取り 7万円
・雇用保険  年間20万円
年間の合計手取り 約440万円

差額ははんと、123万円!!

さらに、収入が減る上に学費が発生します。

年間の学費や教材、通学費なんてものを含めたら共働き時期との家計の差は200万円は超えるのを覚悟しましょう。

ちなみに、雇用保険と紹介しましたが奥さんが加入している場合に専門実践教育訓練給付金といった制度を受けることが出来ます。

もちろん条件もあるので、ご興味あれば調べてみて下さい。

看護学校に学費を工面する為には夫を更なるATMに‼

夫の立場として、こんな題目で記事を書きたくはないですが事実といっていいでしょう。

前述したように、収入減に合わせ学費等々で家計は火の車となります。

ともなれば、しっかりとした家計の見直しが必須となり夫であるサラ・リーマンさんとの真剣な協力体制を取らなければ2年間を乗り切ることは難しいでしょう。

たとえ、夫婦間の関係が冷め切っていたとしても必須です‼

では一体、『夫を更なるATMに』とはどういうことなのか、、、

夫の名義で教育ローンを受ける‼

ということです。

准看護学校は、10代や20代前半の子も多くいますが、若い場合は大半が正看護学校を目指します。

しかし、正看護学校学習時間実習時間学費面からも、准看護学校よりもハードでとてもじゃないですが子育て世代が安易には通えません。

その反面で准看護学校は、午後からの授業のみ(週に1回丸1日)といった学校が大半で子育て世代にとっても敷居が低くなっています。

そんな理由から、子育て世代である30代40代も非常に多くいて通いやいです。

ともなれば、子供の教育費にお金はかけられても自分になんてそんな余裕があるわけないと諦める方もいることでしょう。

大丈夫です。

夫は、とても優秀なATMになれますから‼

ただ1つだけお願いがあります。

資格を取得後、夫と書いてATM教育ローンと一緒に切り捨てるようなことだけはしないで下さい。

実際にそのような事案が発生していようなので夫もしっかりしましょう‼

看護学校に通いだしたら夫の協力は必須‼

それでは、この記事の本題でもある嫁が看護学校に通うことになると夫の生活がどのように変化するのか、どのように変化すべきなのかを紹介していきます。

とてもじゃないですが、これまでの家事&育児&パートをしながら学業をこなすなんてことは難しいです。

いかに夫を上手く利用するかで、学校での成績が決まると言っていいでしょう。

看護学校に通う限り家事は夫の協力がないと学業に響く‼

家事は、本当に夫の全面的な協力がないと学業に響くのは間違いなしです。

私の嫁の平日のスケジュールをご紹介します。

1日の嫁の動き

・6:00前に起床
・07:00~12:00 パート
・13:00~17:00 看護学校
・17:00~18:00 帰宅
・18:30~    夕食作り

これが、基本的な一日の大まかな流れです。

この1日の流れを見て、正社員として働いている今とあまり大差ないと思いましたか?

きっと、そう感じたのはの方ではないでしょうか

主婦業をこなす奥様方は、決してそれだけではない事を知っています。

家事リスト

・掃除
・食後の後片付け
・洗濯
・学童の保護者会
・通学時の旗振り
・学童の送り迎え
・弁当作り

いやいや、それだけじゃないよと思う方もいるでしょうが最低でもこんなにあるのです。

これら全てを、看護学生になる奥様方がやっていたら学業どころではありません。

このリストの半分以上のことを夫に協力してもらわないと睡眠時間を削り切った学生生活を送ることになります。

ちなみに、嫁が看護学校に通い始めて半年の時点ですでに留年決定者が出たそうです。

毎週のようにテストがあり、赤点を取っていい回数も決まっているようで再試験にも落ちると容赦のない留年とのこと。

わずか2年間で、患者の命を扱う知識を学ばなければならないことからもテストの結果に対してもとてもシビアと言っていいでしょう。

看護学校に通う嫁を支える為に夫としてやっていること‼

私は、決して出来た夫ではないです。

しかし、前述した学業にパートに主婦業なんて同時にこなすのは本当に大変であることは経験してなくても想像つきますよね。

そんな中で、私が主婦業の中でなにをやっているのか紹介します。

夫の最低限すべき事
・掃除
・食後の後片付け
・洗濯
・学校の行事ごと

何をこうしようと決めたわけではありませんが、自然とこうなりました。

帰宅後に、掃除洗濯と始まり食後の後片付けまでが日課となっています。

最低限それだけでもやれば、時間テスト勉強に回すことが可能です。

更に、我が家の場合は私の母親も同居しているので夜の食事についても週の半分近くは母親が作ってくれます。

更に、学童への送り迎えなんてことも協力してくれるので嫁は比較的学業に専念出来る環境です。

更に更に、嫁の実家は歩いて10分もかからない環境ということもあり、今のところ無事赤点を取ることもなく成績上位をキープしています。

とにかく何がいいたいかというと、主婦業子どもの行事ごとに関しては可能な限り協力をしないととてもじゃないですが成り立ちません‼

奥様が、准看護師資格を取得したらそれまでよりも収入が上がる方が多いはずです。

後に、正看護師資格も取得可能となり安定の資格でもあります。

奥様は支えてもらう家族に感謝しつつ、夫はそんな頑張っている奥様を応援しましょう。

 

ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
30代社労士が働く保険、生活に欠かせない公的保険の情報をどこよりもわかり易く紹介! その他に、30代のリアルな貯蓄事情やボーダーコリーの情報も発信中!