生活

2年でもとが取れる国民年金の付加保険料の損得!

(※更新日 2020/04/05)

どうも、社労士しゅん太郎です。

私もなんとか社会保険労務士として10年が経ちました。

いきなりですが、よくマスコミや新聞の影響で国民年金についてはマイナスイメージがつきがちです。

とくに、無関心な人ほど国民年金マイナス要素だけをもっている気がします。

しかし、国民年金は長期的にはもちろん、短期的にも決してはしない仕組みです。

今回はその一部として、国民年金付加保険料についての損得を紹介していきます。

  • 国民年金だけを払っている人
  • 国民年金を未納の人
  • 付加保険料を知らない

上記の人たちは老後、はっきりいって損をします。
(※払った分を貰いきるまでは損するけど、、、)

とくに、国民年金だけを払っている人にはぜひ払ってほしい付加保険料です。

その他にも、将来を不安に思う国民年金を未納の人や若者にも知ってほしい。

この記事を読み終わると、国民年金だけじゃすると思うほど付加保険料はだとわかります。

結論

  • 付加保険料はたったの月々400円
  • 付加保険料は2年でもとが取れる
  • 平均寿命まで生きると最大180万円

社労士として、法律や制度の専門用語をわかりやすい言葉に変えて説明していきます。

国民年金の付加保険料を納めるべき損得の理由!

まず、付加保険料とはなんなのか簡単に仕組みを理解しておきましょう。

毎月納める国民年金付加して保険料を納めることで、65歳以降に貰える年金額を増やすことができます。

ただでさえ不透明な国民年金なのに、さらに多く収めたくないと思うかもしれませんが非常にコストパフォーマンスが高いのが付加保険料魅力です。

ほとんどの人が、納める年数関係なしにもとが取れます。

しゅん太郎
しゅん太郎
付加保険料はたった月々400円だよ‼

国民年金と付加保険料の金額は?知れば損得がわかる!

それでは、現在の国民年金付加保険料の月々の金額を知っておきましょう。

月々払う年金額

国民年金 月16,540円
付加保険料 400円
合計 月16,940円

(※国民年金の保険料は、令和2年の額です)

付加保険料は、たった月々400円です。

この400円の保険料を追加するだけで、老後年金が大きく増えます。

いやいや、不安視される年金なんて少しでも払いたくないよ

そんな安いお金で増えるわけないでしょ

と、声が聞こえてきそうですが、月々400円納めたところで月々5,000円です。

しゅん太郎
しゅん太郎
家計にはちょっとした負荷が、老後にはかなりの付加が加わるよ‼

損得を左右する国民年金の付加保険料を払う条件は?

国民年金の付加保険料を支払う条件は、たった1つです。

しゅん太郎
しゅん太郎
国民年金を納めていればOK

たったそれだけで、条件を満たします。

にもかかわらず、国民年金だけ納めて付加保険料を納めていない人がいる事実。

損得でいえば本当にもったいないこと、このうえなしです。

おそらく、手続きしにいくのが面倒だとか、単純に情報として知らない人なのでしょう。

知っていれば、国民年金は払っているのに、付加保険料を払わない選択はしないはずです。

国民年金と付加保険料を払うといくら貰える?

ちなみに、国民年金だけを納めたらいったいいくら貰えるのか知っていますか?

それは、あなたが納めた年数によって異なるのですが、切りのいい年数でみてみましょう。

国民年金年額

40年 年額約78万円
35年 年額約68万円
30年 年額約58万円
25年 年額約48万円
20年 年額約39万円

夫婦で2人分40年間納めた場合は、年額約156万円ということになります。

たったこれだけと思うかもしれませんが、日本人の平均年齢まで生きたころには納めた国民年金保険料よりも500万円以上プラスになります。

とりあえず、65歳から貰いだして75歳くらいには元が取れる計算です。

しゅん太郎
しゅん太郎
老後後悔しないためにも国民年金を納めておきましょう‼

では、国民年金付加保険料を加えるとどれだけなのか?

国民年金だけでは損‼付加保険料加えると年金額増えて得‼

付加保険料は毎月400円納めることになります。

この付加保険料を納める金額を単純計算してみましょう。

40年間納めた場合

  • 納められる最高月数
    40年間×12ヵ月=480ヵ月
  • 納められる最高金額
    480ヵ月×400円=19.2万円

つまり、40年間フルに付加保険料を納めても合計で192,000円しか納めません。

では、年間5,000円にも満たない金額がどれだけの年金額として返ってくるのでしょうか?

しゅん太郎
しゅん太郎
たいしたことないと思っていませんか?

2年でもとが取れる付加保険料は国民年金の陰に隠れすぎ‼

とりあえず損得考えずに、国民年金と一緒に付加保険料を納めましょう。

納めた付加保険料は、付加年金額として国民年金と一緒に一生涯貰えることになります。

しゅん太郎
しゅん太郎
たった2年付加保険料はもとが取れます‼

付加年金額計算

200円×付加保険料納付月数

ではかりに、40年間納めた場合の付加年金額の満額を計算してみましょう。

付加保険料の計算

200円×480ヵ月=9.6万円

年間96,000円

たったそれだけ?」と思わないでください。

先ほど説明したとおり、40年間付加保険料納める192,000円です。

たった、2年でもとが取れることになります。

毎月400円を上乗せしただけで、それ以降一生涯年額96,000円が国民年金に追加して貰い続けることができるのです。

しゅん太郎
しゅん太郎
3年目以降はずっとをということです‼

かりに、平均寿命まで生きた場合はなんと約180万円します。

付加保険料を納めないのは明らかにだということが分かりますよね?

付加年金額目安

40年 年額9.6万円
35年 年額8.4万円
30年 年額7.2万円
25年 年額6.0万円
20年 年額4.8万円

40年間、フルに付加保険料を納めなくてもこれだけの金額が年数ごとに合わせて付加年金額がもらえます。

どの年数分でも、年金開始から2年間でもとが取れる計算です。

しゅん太郎
しゅん太郎
ぜひ付加保険料を納めましょう‼

 

 

いかかでしたか?

付加保険料を上乗せして国民年金を納めようと思ったのではないでしょうか?

付加保険料を納める手続きは、市区町村か最寄りの年金事務所でできます。

ぜひ、検討、、、いや、納めましょう‼

付加保険料のまとめ

  • 毎月400円だけ上乗せ
  • 国民年金納めている人が対象
  • 2年でもとが取れる
  • 市区町村、年金事務所で手続き

ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
30代社労士が働く保険、生活に欠かせない公的保険の情報をどこよりもわかり易く紹介! その他に、30代のリアルな貯蓄事情やボーダーコリーの情報も発信中!