社労士

フリーターが正社員を目指すならとるべき資格は?【実体験】

(※更新日 2020/04/13)

こんにちは、フリーターの時に取る資格を間違えた社労士しゅん太郎です。

私は、大学4年の時に就職活動に失敗してフリーターになってしまいました。

周りは社会人になって頑張っている中、自分はフリーター、、、

暇すぎたことがこうじて、それなりの難関資格である社会保険労務士という資格を取得することができました。

しかし、フリーターには取るべき資格とそうでない資格があったようです。

  • フリーターから正社員を目指す
  • どの資格を取ればいいか分からない

資格取得の宣伝に踊らされず、フリーターが取るべき資格を【実体験】を交えて紹介していきます。

この記事で伝えたいことは、絶対に【看護師】とか【医療事務】とか【税理士】とかそんなことを言いたいわけではありません。

人にはそれぞれ興味をもつものが異なります。

私がここで伝えたいのは、あくまでも【正社員を目指す資格】です。

しゅん太郎
しゅん太郎
資格は大まかに2つに分かれるよ‼

フリーターの私が正社員を目指して間違えて選んだ資格

私はフリーターから正社員を目指すべく、難関資格合格を勝ち取りました。

しかし、難関資格をとったところで社会人経験のない私にとっては、就職活動にちょっと有利程度だったのです。

フリーターから正社員になって10年が経った今は、決して間違った資格とは思ってはいないのですが、、、

就職活動中の当時は、正社員になるためにはあまり役にはたちませんでした。

フリーターが取るべき資格の話をする前に、私が取得した社会保険労務士について少し説明させてください。

社会保険労務士は労働保険や社会保険といった、労働に欠かせない法律を扱う資格です。

資格のランク付けでもAランクに入るほどの難関資格なのですが、なぜ就職に有利ではなかったのか

しゅん太郎
しゅん太郎
実務経験がなかったから‼

例えば新卒での就職活動は、無条件といっていいほど人柄重視です。

なんせ、新卒に実務経験なんて求められないから。

しかし、私は実務経験のない中途採用で正社員を目指す単なるフリーター、、、

資格があったところで、資格を持った実務経験のある人が一緒に応募されたら負けてしまいます。

しゅん太郎
しゅん太郎
資格を取っても、実務経験を持った人が欲しい‼

難関資格を引っさげて、いくつもの会社面接を受けましたがことごとく失敗、、、

本当何のための努力だったのか、、、
(※ちなみに1年間猛勉強しました)

しゅん太郎
しゅん太郎
十数社目でやっと内定‼

しかし、資格とはまったく関係のない仕事、、、

俺の努力って、、、

そうならない為にも、あなたにはぜひ就職に繋がるしっかりとした資格を取ってほしいのです。

 

フリーターが正社員を目指す資格には2種類ある

資格には、正社員なりやすいものとなりにくいものの2種類あると知っておきましょう。

もちろん私が選んだ資格は、後者です。

大げさな表現なのですが、後者の資格はしっかりとした実務経験はもちろんのこと明確なビジョンが必要になってきます。

まずは、正社員になりやすい資格について紹介していきましょう。

フリーターが正社員になる為に目指すべき資格

いきなりですが、正社員になりやすい資格を挙げていきます。

正社員になりやすい資格

  • 看護師
  • 准看護師
  • 美容師
  • 理容師
  • 介護福祉士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 建築士
  • 自動車整備士
  • etc

これらの資格の共通点は、【資格がないとつけない仕事】です。

資格がないとつけない仕事という時点で、新卒の人柄重視と同じフィールドに近づきます。

例えば、優れた美的センスを持った人が美容師として就職しようとしても、資格を持っていなければ当然、仕事にはつけません。

資格がないと就職できない資格を目指す‼

そんな金ない‼」と思わず、読み進めて下さい‼

後半に、【お得な情報】をお伝えします。

フリーターが正社員になる為に目指すべきでない資格

続いて、フリーターが明確なビジョンを抱いていないと、目指すべきでない資格を紹介しましょう。

正社員になりにくい資格

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 司法書士
  • 簿記
  • ファイナンシャルプランナー
  • MOS
  • 医療事務

これらに共通するのは、【資格がなくても携われる仕事】ということです。

言っておきますが、決して価値がない資格というわけではありません

ただ、正社員という内定をつかみ取るといった目標に対しては、少し効力がない資格ということです。

これらの資格は、就職して実際に実務を始めてから活きてくるといっていいでしょう。

つまり、尻上がりに資格の価値が産まれるのです。

もちろん持っていることで、就職活動のさいに最低限の知識をもっていると判断してもらえます。

しかし、先ほども言ったように他に実務経験持った人も応募していれば大きな差です。

そこで、正社員の内定を得る事ができたのならば、それはあなたの人柄が認められたということでしょう。

つまり、言い方は悪いですが資格なんて取らなくても本気になれば、あなたはいつでも就職できたと言ってもいいでしょう。

 

フリーターが正社員になるなら手に職系資格を取るべき

私は、社会保険労務士という資格を取得しましたが、仕事をする上で絶対必要な仕事ではありません。

むしろ、あらゆる資格の中でも【独立系】で開業して花開く資格でした。

しゅん太郎
しゅん太郎
経営者として活かせる資格だったんです‼

つまり、フリーターが正社員になるために、確実に取るべき資格ではなかったのです。

本当滅入りました

大学の就職活動で、何がしたいか分からなく嫌になり逃げだした自分に戻ったようでした。

しかし、難関資格だったこともあり、努力評価してくれた会社に何とか就職できましたが全く関係のない仕事。

今となっては、資格を活かせる部署に配属になりましたが、正社員への就職の決め手は資格を得た努力でした。

しゅん太郎
しゅん太郎
資格ではなく、努力した内面を評価されたみたい‼

正直複雑な気持ちになりましたが、運よく就職出来ました。

しかし、伝えたいことは【資格を取れば=就職できる】ということではないことをフリーターのあなたに伝えたい。

フリーターがどうせ資格を取るなら、思い切って専門学校に入りましょう。

手に職系資格を絶対取ると就職しやすい‼

フリーターでも手軽に資格を取れる支援がある

フリーターが正社員になる為に、手に職系の資格はオススメです。

しかし、「そんなお金がない」といった問題があると思います。

ですが、あなたがフリーターだったとしても、雇用保険に入っているのならそんな悩みも一瞬で解決です。

雇用保険には、専門学校に行くためにメチャクチャ手厚い支援制度があります。

雇用保険料を払っているだけで、学費の半額に加えて日々の生活費まで支援してくれるのです。

別記事で紹介しているのでぜひ読んでください。

【実体験】社会人が損をしない専門学校への補助制度!(※更新日 2020/04/11) 教育訓練給付金を利用中の、社労士しゅん太郎です。 正確には私の妻が利用中なのですが、資格取得を目...

本当に手厚い支援で、年数や学費によっては数百万円の補助してくれる制度です。

もし、現在払っていなかったとしても将来のために雇用保険には加入しておきましょう。

必ず役に立つ日が来ます。

ちなみに私の妻は、32歳から雇用保険の支援を利用して専門学校に入学しました。

 

フリーター資格まとめ

  • 仕事に就くために必須の資格を選ぶ
  • あったらいい程度の資格は避ける

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
30代社労士が働く保険、生活に欠かせない公的保険の情報をどこよりもわかり易く紹介! その他に、30代のリアルな貯蓄事情やボーダーコリーの情報も発信中!