中型犬飼い方

【子犬が家族に】余裕を持った準備で楽しいペット生活を始めよう!

(※更新日2021/07/23)

  • 子犬を家族に迎え入れる
  • 子犬に必要な準備は?
  • 子犬の飼い方の注意点は?

ども、ボーダーコリーと共に暮らすしゅん太郎です。

子犬を家族に迎え入れる』、、、あの楽しみは何度でも味わいたい!

でも、楽しいだけではないのが子犬との生活です。

しゅん太郎と愛犬の失敗談を踏まえて、子犬との楽しい暮らしの準備を紹介していきます。

 

事前準備がいい加減だと子犬のしつけにも影響でる

 

子犬は可愛がるだけでは済みません。

トイレマナー夜鳴きイタズラ】と問題を次々に提供してくれます。

しゅん太郎
しゅん太郎
今は笑い話だけどホント大変だったw

たくさんのことを覚える子犬期に、飼い主がてんやわんやしていたら主従関係にも影響がでます。

とくに、大きい犬ほどしっかりとしつけが子犬期から必要です

余裕を持った準備で、子犬との楽しい生活を始めましょう。

しゅん太郎
しゅん太郎
事前準備でだいぶ飼いやすさがかわるよ

 

子犬&飼い主も余裕を持った準備!

子犬は、いきなり環境が変わると戸惑います。

我が家の愛犬も、初日はよちよち不安そうに歩いていました。

 

子犬のケアに時間がとれるようにペット用品は事前に揃える

 

子犬だから『とりあえずなんとかなる』だろうと思わず、最初から準備していきましょう。

しゅん太郎
しゅん太郎
なんとかなりません

 

子犬に必須のペット用品

まず、子犬を家族に迎え入れる【必須のペット用品】から見ていきましょう。

 

必須のペット用品

  • ケージ
  • トイレシーツ
  • サークル
  • 毛布やタオル
  • 水のみ皿
  • フード&皿
  • おもちゃ
  • ケアグッズ

 

とにかく、これさえあればとりあえず子犬との生活がスタートできるでしょう

 

フードはこれまで食べていたものをしばらく与える

 

ブリーダー、ペットショップ、里親と子犬を迎え入れる違いはあれど何を食べさせていたのか確認しましょう。

環境が急に変わると不安で、フードを食べない恐れがあります。

しゅん太郎
しゅん太郎
環境になれるまでは同じフードを!

 

ちなみに、歯ブラシ(ケアグッズ)は子犬期から慣れさせておくことをおすすめします。

我が家は、大きくなってから歯ブラシを試してみましたがおもちゃと勘違いして2回も使えばボロボロです

しゅん太郎
しゅん太郎
あきらめて歯磨きシートのまま

歯磨きスプレーも口臭や病気の予防になるし、手軽でおすすめです。

 

 

ペット用品・ペットグッズは【犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』】

 

 

ちなみに、中型犬の子犬を家族に迎えるならこちらでどうぞ!

【中型犬を飼う】愛用してるおすすめペット用品!コスパ重視で耐用年数も紹介!(※更新日 2021/07/20) 中型犬を飼いだした 中型犬用は何が必要? あると便利なペット用品 ボー...

ボーダーコリーを迎えた我が家が、愛用しているおすすめのペット用品を紹介しています。

 

ケージ&サークルは事前に決める

揃えるペット用品のなかでも、消耗品は色々試してお気に入りを決めればいいと思います。

ただ、ケージやサークルは安い買い物ではないのでコロコロ変えられません。

 

  • ケージorサークル
  • サイズ感
  • 置く場所

 

ケージorサークル

ケージかサークル、これは事前にしっかり話し合って決めときましょう

ちなみに、ケージは天井まで囲まれたものでサークルは柵で囲まれものです。

 

  • 小型犬ならサークル
  • 中型犬以上はケージ

 

小型犬はサークルでも脱走することはないですが、中型犬以上になると軽々飛び越えます。

我が家は、とりあえず感でサークルっぽいものを自作で作りましたが2日目には脱走してました。

 

しゅん太郎
しゅん太郎
生後3カ月でも余裕で脱走

ということで、結局ケージを購入しなおすことに、、、
(ケージは実家の子犬用で応急的に準備)

 

しゅん太郎
しゅん太郎
最初からちゃんと準備しとけばよかった

他にも、移動しやすいクレートもあります。

室内で放し飼いで飼うならクレートだけでもいいでしょう。

車での移動時にも持ち運べるので、結構便利です。

 

ただし、放し飼いからケージに変更は犬からしたらかなりストレスになります。

 

犬は今までできてたことを制限してもなかなか覚えてくれない

 

まずは制限をかけてから徐々に自由度を増やしましょう。

 

 

サイズ感

『子犬だからこのくらいで』って感覚はやめましょう。

部屋に置くと案外小さかったとか、成犬になるとやっぱり小さいとか失敗します

しゅん太郎
しゅん太郎
『少しでかいかな?』ってくらいが案外ちょうどいい

 

ケージは成犬時のサイズ感をイメージして選ぼう

 

小型犬ならほぼかわらないので問題ないですが、中型犬以上の子犬はあっという間に大きくなります。

我が家も、ボーダーコリーを生後3カ月から飼い始めましたが一瞬で写真のとおりです。

 

置く場所

置く場所もスペースによりますが、とにかく壁ぎわに置くようにしましょう

広いスペースにポツン』は犬にとっては不安でストレスになります。

しゅん太郎
しゅん太郎
犬は隅っこや狭いところを好むよ

 

 

ケージは、室内で使える頑丈なものと外出時に使えるソフトケージ両方あると便利です。

ソフトケージは、使う頻度は少ないですがなにかと役に立ちます。

 

外出や災害時にソフトケージが活躍

 

災害時は、ケージがないと一緒に寝泊まりするのが難しくなります。

折りたためて場所を取らないので、用意しておきましょう。

 

 

子犬を家族に!準備の前に飼い主のルールから!

 

子犬が不安にならない事前準備が必須

 

なにを偉そうに』と思えるほど、我が家は失敗の連続で子犬時期は申し訳なくなりました。

これから子犬を家族に迎える飼い主には、同じ思いをしてほしくないのでしっかり事前準備をしていきましょう。

しゅん太郎
しゅん太郎
子犬時期の成長を楽しめる準備をしよう

 

準備の前に子犬の飼い方を決める

飼い方をしっかり話し合っていないと、楽しい子犬との生活が『こんなはずじゃなかった』になりかねません。

 

  • 子犬の部屋&トイレ場所
  • 入ってはいけない場所
  • コマンド名を統一する

 

先ほど少し触れましたが、飼いだしてからルールを決めるのはおすすめしません。

部屋やトイレ場所がコロコロ変わるとマナーをなかなか覚えてくれません。

それに、『ここはOKここはNG』など子犬が入っていい場所を事前に決めておきましょう。

 

自由から制限するのは上手くいかない

 

とりあえず、困ったらルールを決めていこうは絶対におすすめしません

我が家では、子犬期から寝室には入らないようにしつけましたが成犬になっても絶対に入りません。

でも、ソファーでトイレ失敗をするので乗るのを禁止しましたがもはや無理でした。

子犬期から、ダメな事はしっかり叱りましょう

しゅん太郎
しゅん太郎
低い声で叱ると効果的

 

子犬期は、みごとまでにオシッコ&ウンチまみれになるのでシャンプーも事前準備!

【シャンメシャン】自然のシャンプー使ってみた!犬猫飼いにかなりおすすめ!(※更新日 2021/07/13) 無添加のシャンプーがいい 犬猫併用のシャンプーが欲しい ペットシャンプー多すぎて...

犬は肌が弱いので、皮膚病にもならないようにシャンプーはこだわりましょう。

 

子犬へのコマンドは統一が絶対!

名前も、『ちゃん』とか付けて呼びがちですがそこまでが名前だと勘違いしてしまうのであまりおすすめしません。

名前を決めたなら『ちゃん』とかつけずにしっかり読んであげましょう

 

コマンドの言い方が違うと子犬は混乱する

 

お座りしてほしいのに、【オスワリ・シット・スワレ】とコマンドが家族によってバラバラだと子犬も混乱します。

家族で話し合って、しっかりコマンド名は固定しましょう。

 

スポンサーリンク