生活

30代共働きがマイホーム購入したけど損ばかりで後悔?

(※更新日 2020/07/08)

【マイホームor賃貸】

まさにカレー味の○○〇か、○○〇味のカレーにするかレベルで悩む議題です。

私は、マイホーム一択だったので30歳の時に思い切って購入‼

しかし、数年もたつと冷静になることがあるんです。

  • ローンを払いきれるのか?
  • 払いきれても老後は大丈夫か?
  • この立地でよかったのか?
  • もしかして賃貸の方が得だった?

幸せなマイホーム生活の中、ふとそんなことが頭をよぎります。

とりあえず、30代の私がマイホームを購入して3年経て思った結論を先にお伝えします。

経済的観点からマイホームは損ばかり

夢をぶち壊すな」と思うかもしれませんが、マイホーム購入者の一つの意見として参考にしてみてください。

30代共働きの私がなぜマイホーム購入したのか?

マイホーム購入のきっかけは、娘が自分の部屋が欲しいと言い出してからです。

私と妻は中学の同級生で、地元愛も強かったので住む場所に迷いはなく、いつかはマイホームと思っていました。

そんなタイミングで、賃貸暮らしによくあるマイホーム広告のポスティング‼

見栄えもよく、実家からも近かったこともあり何の気なしに内覧しにいきました。

しゅん太郎
しゅん太郎
まさか翌週には契約するとは…

家づくりで損しないために【持ち家計画】

30代共働きだしそろそろマイホームを購入

漠然とですが、30代になればマイホームを購入するもんだと思っていました。

しゅん太郎
しゅん太郎
貯金もないのに借りる前提で‼

ちなみに貯蓄は200万円程度でした、、、

よくそんなんでマイホーム買う気になれたなってレベルです。

しゅん太郎
しゅん太郎
それでも手に入るのがマイホーム‼

そんな30代になったばかりの私が、マイホームを決意した理由は?

マイホームを決意した理由

  • 30代になったから
  • 娘が自分の部屋が欲しい
  • 住んでる町から出る気がない
  • 家賃払うくらいならマイホーム

なんとなくというか勢いといっていいでしょう、、、

ただ、3つ目の「住んでる町から出る気がない」というのはかなり大きいと思います。

慣れ親しんだ町から出る気がないならマイホーム

賃貸大きなメリットは、その時々で好きな場所広さで探して住める点です。

住む町を決め切っている私たち夫婦にとって、賃貸で住むメリットは少なく、マイホームの購入に迷いはありませんでした。

そんなこんなで、偶然妻の実家の近くに出来た分譲住宅へ内覧に行った結果‼

しゅん太郎
しゅん太郎
妻が一目ぼれ‼

妻の実家から目と鼻の先の上に、数年後には徒歩1分の場所に大きなショッピングモールが建つことも決まっていました。

さらに、とどめが先着3件はオーダーでマイホームを建てられる、、、

なんと私たちは2組目の内覧者、、、

なんと翌週には、契約をしていました‼

しゅん太郎
しゅん太郎
まさか2週間で契約までいくとは、、、

30代共働きはマイホーム購入の重みを知らない

そんなこんなで、あっという間にマイホーム契約をして半年後には完成

しゅん太郎
しゅん太郎
マジであっという間でした‼

初めてマイホームに帰ってきたときの家族の「おかえり」は今でも忘れません

しかし、、、

マイホームを手にした高揚感は1年目でなくなる

マイホームを手にして、1年も経てば賃貸同様住む】と化します。

そうなると、改めて色々と冷静に物事を考えるようになってくるんです。

  • ローンを払いきれるのか?
  • 身の丈に合わなかったのでは?
  • 30年後にこの家は建っているのか?
  • 修繕費はいくらかかるのか?
  • 地震や火災で家がなくらないか?

いやいや、最初から考えろよって話です。

30代共働きとはいえ、65歳までの35年ローンはやはり長い道のり

ローンを払いきれるのか不安になるには、十分な年数です。

そして払いきるときには、果たしてこのマイホームは建ち続けているのだろうか?

と思うほどに、日本は地震大国です。

しゅん太郎
しゅん太郎
数年も経つと正直不安要素が増します‼

さらには、銀行との関係です。

毎月利子を払い続け、払えなければマイホーム没収、万が一の時に備え団体信用保険に加入させる、、、

マイホームを購入すると、ローンを借りる銀行に縛られた生活となるのです。

マイホーム購入は経済的思考が第一優先

そんなの当たり前だと思うでしょう。

でもどうやら、幸せな環境は経済的思考を鈍らせるようです‼

30代共働きの私がマイホーム購入して後悔しない理由

誤解されないように言っておきますが、私はマイホームを購入して後悔はしておりません。

あくまでも経済的観点から、マイホームはな点が多いと言いたいだけです

マイホームを購入して実感していることは、、、

マイホーム購入は経済的メリットがあるべき

それはなぜか?

30代共働きにとってマイホームのメリットは自己満足系しかない

あくまでも30代でマイホームを購入した身として、メリットを改めて考えてみました。

マイホームのメリット

  • 自分のものと感じる精神的効用
  • 許可なくペットが飼える
  • 自由に内装をいじれる

なにかお気づきになりませんか

マイホーム購入は経済的メリットがなにもない

建物という資産が残るじゃないかと思いますか?

確かに残りますが、マイホームは1日住んだだけで価値が3割下がると言われています

実は、よほどの立地でない限りマイホームは価値が残りづらいんです。

結局、マイホームを購入するということは、、、

しゅん太郎
しゅん太郎
完全なる自己満足なんです‼

自己満足系メリットだけでマイホームを購入するのは、後悔する可能性を含んでいることに住んでみて感じました

自己(家族)満足の要素はボタンの掛け違いで、マイホームが苦痛な空間にもなりかねないですよね?

私がマイホームを購入して後悔していないポイントはここにあります。

私たち30代共働き夫婦には、その経済的メリットがあるからです。

30代共働きがマイホーム購入するなら経済的メリットが超大事

先に伝えておきますが、私たちの経済的メリットを真似しろというわけではありません。

私たち30代共働き夫婦にとっての、明らかな経済的メリットは

しゅん太郎
しゅん太郎
私の母親と同居‼

はい論外‼と思わずに読み進めてください‼

言いたいことは親との同居ではないので‼

私が長男ということもあるのですが、波乱万丈な出来事が起こり母親との同居を考えていました。

それもマイホームを購入する1つの理由でもあったんです、、、

って、理由を伝えたいわけではなくて私が言いたいことは1つ‼

しゅん太郎
しゅん太郎
同居することによる明らかな経済的メリット

私の母親も賃貸だったので、私たちの家賃含めると毎月15万円かかっていました。

それがマイホームを購入して同居することで、10万円に収まっています。

その他にも、水道光熱費日用品なども同様です。

そしてなにより伝えたいことがあります‼

しゅん太郎
しゅん太郎
妻の器がすげぇ‼

マイホームを購入して早3年以上が経ちますが、奇跡的に上手くいっています。

それもこれも嫁の器量と母親の経験則があってのことでしょう。

とにかく言いたいのは、マイホームのメリットに経済的要素を作って後悔するリスクを減らすことが大事

マイホーム購入には経済的メリットを見つけて

家庭それぞれで経済的メリットは異なってきますが、例えば下記のような点です。

  • しっかりとした貯蓄力
  • 土地をもっている
  • 2世帯住宅
  • 物価が安い地方に住む etc

どれも当てはまらないということであれば、生活ランクを落として貯蓄力を高めるか可能な限り背伸びしないマイホームにしましょう

マイホームは額面には見えない費用がたくさん発生します‼

マイホームを購入して後悔しないためにも、経済的メリットを見い出しましょう‼

 

30代共働きがマイホーム購入を悩むなら本を読め

マイホームを購入するのに悩むことはなんでしょうか?

  • どこに住むか
  • 間取りはどのくらい必要か
  • どの程度の金額の家にするか

でもその前に、大前提は後悔しないようなマイホームを選ぶことですよね

マイホームは、一生に一度の大きな買い物

しゅん太郎
しゅん太郎
失敗は許されません‼

となれば、やっぱり経済的メリットは必須なんです。

私は最近、老後資金のための「お金に関する本」を読みあさっています。

そこで思ったんです。

しゅん太郎
しゅん太郎
マイホーム購入前に読んでいたら賃貸のままだったかも‼

マイホームに悩むならお金にまつわる本を読むと考えがまとまる

30代共働きにお金の本はマイホーム購入の参考になる

マイホームを購入する際に、真っ先に考えるのが家の知識を持つことです

でも、私は事前にマイホームに関する本を読みましたがいまいち参考になりませんでした。

しゅん太郎
しゅん太郎
なんせ購入前提で読むから‼

これ結構めちゃくちゃ果てしなく大事

買う前提で読むと、自分の理想と違へばその本を否定的に読んでしまうんです。

私は、結婚出産マイホーム大きなライフイベントも終わったので老後に備える地道な準備も視野に入れ始めました。

そこで手始めにお金に関する本を読み漁ると、1つの考えが芽生えたんです。

しゅん太郎
しゅん太郎
マイホームを購入前に読んでいたら選択が違ったかも‼

マイホーム購入の根本は、お金です

お金がなければマイホームは購入出来ません

初めに読むべき本は「マイホームに関する本」ではなく「お金に関する本」だったようです。

私は総務歴が10年以上なんで、iDeCoやNISAなどの本を読むことが多いのですがお金に関する本で特に読みやすかった2点を紹介します。

Amazon楽天市場

↑お金のプロと初心者がコメント形式でやり取りしているので、凄く読みやすかったです。

ちなみに、本を読むのが苦手な人でもわかりやすく2時間もあれば読めてしまいます。

Amazon楽天市場

↑資産運用をしていたり、ある程度知識がある人はジェイルコリンズさんの著書がいいかもしれません。

住宅ローン、教育ローン(妻が看護学校)、太陽光ローンと背負っている私としては本当にお金を散財しているなと身に沁みました‼

しゅん太郎
しゅん太郎
おかげで欲しい車を諦めることも出来ました‼

2冊とも良本ですが、共通して言えることはお金に絡む「手数料」がだということです。

マイホームで言えば金利ですが、その分くらいはやはり経済的メリットを見出す必要があるでしょう。

30代共働きにとってマイホームのデメリットは経済的なことばかり

お金に関する本を読むと気づくことがあります。

しゅん太郎
しゅん太郎
高確率でマイホームの話が含まれる‼

30代共働きとしてマイホームのデメリットを考えてみました。

マイホームのデメリット

  • 銀行に利息を払う
  • 維持費がかかる
  • 価値が残りづらい
  • 手放すのが面倒
  • 地震が起きるたびに不安

5つ挙げましたが、全てお金がからみます。

その中でも、とくに意識することは銀行への利息‼

例えば、4千万円のマイホームを借入で買えば、実質6千万近く払うことになるんです

しゅん太郎
しゅん太郎
マイホームは本当に高い‼

にも関わらず、維持費はかかり価値は残りづらい、、、

万が一手放しても、仲介手数料がバカ高い、、、

それに地震保険に入っているとはいえ、倒壊したらどうしようなんて不安‼

メリットに経済的点がないぶん、デメリットにはたくさんの経済的要素が含まれているんです

しゅん太郎
しゅん太郎
だからこそ後悔しないためにも経済的メリットが必要なんです‼

マイホームの良さは損得じゃない魅力がある

ここまでマイホームについて否定的な話をしてきましたが、一言いわせてもらいます。

しゅん太郎
しゅん太郎
なんだかんだマイホーム最高‼

それは、間違いなく言えることです。

個人的には、経済的面で見れば賃貸の圧勝だと思っています

でも、お金で図れない幸福感で言えばマイホームの圧勝です

そんなものよりお金だといのであれば、マイホームは現実的な考え方で選びましょう。

マイホームにはお金で図れない魅力がある‼

家に帰りたいと思えるマイホーム暖かさは、賃貸では経験できない確かなものです

だからこそ、マイホーム(家族)を守ろうと必死に頑張れるんです。

ただ、リスクを最小限に抑えるためにも、経済的損得勘定は大前提でマイホームを検討してみてください。

 

ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
30代社労士が働く保険、生活に欠かせない公的保険の情報をどこよりもわかり易く紹介! その他に、30代のリアルな貯蓄事情やボーダーコリーの情報も発信中!