嫁の看護学校ライフ

マイホームに太陽光つけてみた

住宅ローンに教育ローンに太陽光ローンを抱えている社労士しゅん太郎です。

念願のマイホームを30歳になり購入しました。

そこで、

太陽光をつけるかつけないかとか

元とれるのかとれないのか

高いとか安いとか(安いとは思わないか)

って、考えたりすると思います。

実際につけた我が家の結果を、ご報告致します。

設置の参考にしてみて下さい。

太陽光の仕組みって?

あなた
あなた
そもそも、太陽光ってどんな仕組みなの?

しゅん太郎
しゅん太郎
実際に話聞くと、メチャシンプルでしたよ。

屋根に設置して家の電気として使用するか、1kWhを○○円で売電するかです

こんなん誰でも知ってますよねw
とりあえず設置することでの良い点をあげます。

  • 昼間の電気代がかからない
  • 使いきれない電気は、10年間売ることが出来る(売電)
  • 設置場所の屋根下の部屋温度が3度くらい下がる
  • 災害時、発電した電気を活用出来る

蓄電装置も購入すれば、売電せずに蓄電もでき、夜も使うことが出来ます。
しかし、100万は超えてきますと言われさすがに断念。

とにかく、太陽が出ているときに発電した出来立てホヤホヤの電気をそのまま使います。

そして、使いきれない電気をそのまま売電することになります。

その売電した収入は、毎月1回振り込まれます。

しゅん太郎
しゅん太郎
そこに住人の手間暇は、一切ないです。

はっきり言って、つけてる事を忘れるくらい設置後はなにもしません。

することと言えば今日はいくら発電できたかなと確認するくらいです。

続いて悪い点、

  • 設置費用が高い
  • 天気に左右される

私が、考えるのはその程度です。
設置費用は良い点を考慮すれば妥当な金額かなと。
天気についても、地球環境が激変し毎日曇りや雨にならない限り問題ないです。

太陽光の費用っていくらかかる?

これに関しては、家の屋根の面積で決まるのでいくらなんてことは言えません。

もちろん、メーカーにもよりますし。

海外のなんかにすれば結構安く抑えられますが、私は日本のメーカーにしました。

ちなみに我が家の太陽光は

・150万円の15年ローン
・月々のローン7,300円

・売電収入平均8,000円

こんな感じですね。

マイホームに太陽光!!得する?損する?念願のマイホームを検討するとき、太陽光も付けようかなと悩んだりしますよね。 もちろん、すでにマイホームを持っている方も付けた方が得...

 

家庭に優しいローン

しゅん太郎
しゅん太郎
このローンは車のローンと違って住人に優しいんです。
・住宅ローンと一緒で、万が一私が亡くなっても返済不要
・繰上返済が出来る

先逝く私が、住宅ローンと一緒に天国に背負っていけるんです。

残した嫁たちに負担は一切ありません。

そこが、契約の決め手にもなっています。

15年ローンは確かに長いですが、嫁が准看護師の資格を取って働けるようになったら
すぐ返せる金額です。

しゅん太郎
しゅん太郎
まずは教育ローンからですがw

結構、融通が利くローンになっています。

とにかく、屋根の面積で太陽光を置ける枚数が決まります。

広ければ広いほど、設置枚数が増え高くなりますが同時に発電量も比例してあがります。

つまり、設置費用が高い分=売電額も高くなるわけですから、

そこに関しては損得ではないと思います。

 

太陽光って消耗しないの?

私もここが気になりました。

雨風にさらされ続け、何年も何十年も持つものなのかと。

太陽光が設置され始め30年~40年が経つそうです。

その当初の太陽光がまだしっかりと発電をしているとのこと。

そこまでの期待は正直していませんが、保証期間内にしっかり発電に問題ないか

確認して設置し続ければ10数年~20年は大丈夫でしょう。

しかし、設置後すぐが100%と考えれば発電量は

どうしても徐々に落ちていくとのこと。

そりゃそうです。新品であり続けるものなんてありませんから。

ですが、そこにはしっかりとした保証もついています。

保証ってどんなってるの?

とても高い買い物です。
万が一があったら大変です。私が気になった点を確認したらすべてにしっかり保証がありました。

気になる点

・万が一、故障した場合
・発電量が減った場合
・屋根裏が劣化した場合

1.万が一、故障した場合

故障した場合はしっかり10年間保証してくれます。
屋根上で、遊ぶことはまずないので故意に壊すことはまずないので、
基本的な故障はすべて対応してくれるそうです。

発電量が減った場合

そこに関しても、しっかり10年保証がついています。
発電量が、設置時を100%とした時に75%まで下がった場合は
新品と取り替えてくれます。

屋根裏が劣化した場合

当然、屋根に乗っけているだけではありません。
屋根に穴を開けて設置しています。

その結果、雨が漏れて屋根裏がダメになってしまう可能性もあります。
その場合も、しっかり10年保証です。

太陽光を設置しての感想

太陽光、正直胡散臭いかなと思っていた

しかし、今では保証面も考えると家建てるときからつけておけばよかったと思えるくらいです。

売電期間は10年間ですが、あくまでも今の単価を保証してくれる期間です。

それ以降も、単価は下がっても売電が続くかもしれません。

別に続かなくても、発電はし続けてくれますから節約にはなります。

本当つけて後悔なんてことは現時点では一切ないですね。

損得に関しては、別の記事で書いていますので確認してみて下さい。

 

マイホームに太陽光!!得する?損する?念願のマイホームを検討するとき、太陽光も付けようかなと悩んだりしますよね。 もちろん、すでにマイホームを持っている方も付けた方が得...

 

 

ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
学生になった嫁、娘、息子、犬、猫 そしてをマイホーム背負ったサラリーマン32歳 趣味 ケツメイシの曲で騒ぐ、犬猫とじゃれる 資格 社会保険労務士