30代貯蓄事情

正看護師と准看護師の違いって?

私の嫁は准看護学校に通っています。

それまでは看護助手として働いていましたが、

看護師を目指すことになりました。

ですが、私自身正看護師准看護師の違いがよくわかりません。

しゅん太郎
しゅん太郎
私にとっては、正も准も関係なく白衣の天使です。

ということで、嫁を応援する上でその違いくらい知っておこうと思い調べてみました。

資格面や収入面でも結構違いがあるようです。

正看護師と准看護師の違いって?

患者側になる私たちからしたら、着てるものも一緒ですし

命を守る立場として責任の度合いも一緒だろうから同じ【看護師】でしょう。

と思いきや、資格取得方法から別もののようです。

正看護師と准看護師はそもそも資格から別物

 

  正看護師 准看護師
国家資格
資格付与 厚生労働大臣 都道府県知事
学習時間 3000時間程度 1900時間程度
学校期間 3年~4年 2年
合 格 率 90%程度 90%以上

漠然とですが、准看護師の方がなりやすいとイメージはしていましたが

改めて見極めると、

正看護師は国家資格で准看護師は国家資格ではないことに驚きです

 

職場での正看護師と准看護師の違いは?

資格を取得した後は、

正看護師 医師の指導のもと、医療や看護行為を行う
准看護師 医師や正看護師の指導のもと、医療や看護行為を行う

単に、給与面だけで差がつくと思っていたら医師はもちろんですが、正看護師にまで

指揮をとってもらわないと仕事が出来ないとは、これまた驚きです。

しゅん太郎
しゅん太郎
正看護師の指導・・・看護助手の時とほとんど変わらないじゃん
嫁
でも実際はそうでもないんだよ

 

命を扱う現場では正看護師も准看護師もない

目の前に急病人がいたら正看護師を呼ばなければなにも出来ないなんて

准看護師の存在意義があまりないように感じます。

ですが、その場に准看護師しかいなければ看護師にかわりないのですから

応急処置をしなければなりません。

実際のところは、そんなルール厳密に守れないってのが現状のようで

正看護師、准看護師関係なく仕事をしているのが当たり前のようです。

 

正看護師と准看護師の給与や待遇が違う理由は?

前述したように実際のところは、医療現場である以上、正看護師、准看護師関係なく同じ仕事を行います。

ですが、給与面や待遇面には大きく差が出るようです。

都道府県によって一概にはいくらと言えないですが

年収で70万円~100万円

程度の差があります。

仕事内容がほぼ変わらないのに何故だと不満に思う金額ですね。

社労士の観点からいくと、同一労働同一賃金というワードが浮かんできます。

ただそこには理由があるようです。

 

診療報酬で差がつく正看護師と准看護師

『診療報酬』という言葉は、患者側の私たちでも目にすることはあると思います。

その計算方法に、正看護師と准看護師では違うようです。

正看護師 看護師として計算
准看護師 看護職員として計算

診療報酬に対して加算させる方法が、看護師として計算される正看護師の方が高いのです。

つまり、同じ作業でも正看護師が行った方が病院にとっては得?になるのです。

よって高くなる分、正看護師の給与に多く還元される仕組みです。

しゅん太郎
しゅん太郎
同じ仕事してるのにそんなことまで差があるのかぁ・・・

嫁
だから大きい病院では正看護師しか雇ってないところが多いんだよ

確かに収益の面も考慮すると、大きい病院は正看護師しか採用しないのも理解出来ます。

正看護師と准看護師の役職は?

ここまで説明していると想像つきますが、

役職がつく方は、正看護師のほうが多いいようです。

前述したように、准看護師は正看護師の補助的立場。

そんな立場が、管理職や指導的立場につくのは

余程の能力や人望、勤続年数がなければ叶わないでしょう。

よって、役職からなる手当で収入に差が出ているようです。

 

30代40代が看護師資格を諦めるのはまだ早い!!准看護師という選択!!准看護学生の嫁(30代)を背負っているしゅん太郎です 今、社会人になった女性や主婦から、看護師を目指す女性が増えています。 キャ...

 

 

正看護師よりも准看護師のメリットは?

これまで調べたことからすると、

資格を取る上では、正看護師の方が大変だということ

仕事をする上では、正看護師と准看護師では大差ないということ

学生時代がたった1年違うだけで、収入が大きく差がつくことを考えると

明らかに正看護師の資格を取れる学校に行くべきです。

ですが、准看護学校ならではの利点もあります。

正看護師と違い准看護師は働きながら資格が取れる

正看護師資格も、アルバイトなんかしながら取ることが出来るでしょうが

准看護師資格は、前述したように学習時間が少ないという点や実習時間の点から考えても働きながら資格が取りやすいです。

実際に私の嫁も、午前中は看護助手の仕事をして午後学校というルーティンです。

10代や20代前半であればがっつり勉強漬けの正看護学校を目指すべきだと思いますが、

学費をあまりかけられない場合、

私の嫁のように子持ちで30代以上になって出遅れ感がある場合、

うっさい!!

准看護学校の方がいいでしょう。

 

正看護師以上に家庭との両立が出来る准看護師

もちろん正看護師でも家庭との両立は出来るでしょう。

しかし、これから資格を取りたいと考えてる方は

一旦、自分の今後のライフバランスを考えてから検討してみましょう。

まだまだ若い20代は断然、正看護師を目指しましょう

准看護師もそうですが、看護師としてバリバリ働きたいとなれば夜勤も当然あります。

子育てや家族との時間も大事にしたいということであれば、

介護施設やクリニックと比較的小さい医療施設であれば日勤の仕事だけも選択出来ます。

そういった施設は、人件費を抑える意味でも准看護師も採用しています。

准看護師から正看護師へステップアップ

准看護師でものたりなくなれば、正看護師へのステップアップも可能。

一から勉強しなおしではなく、

准看護学校卒業後、(※実務経験後)

  • 全日制(2年間)で学び、試験に合格
  • 定時制(3年間)で学び、試験に合格
  • 通信制(2年間)で学び、試験に合格(※実務経験7年)

通信制の実務経験7年間は長いように感じますが、

時間かけてゆっくりステップアップも可能です。

 

正看護師と准看護師の違いまとめ

正看護師と准看護師、ほぼ仕事面では変わらないのに収入で大きな開きがあるのがわかりました。

看護加算なんて結構衝撃的でした

全く同じ行為をしても正看護師がやるのと准看護師がやるのとでは価値が違うなんて・・・

それに正看護師と准看護師を一本化することを提言しているようです。

それがいつになるのかわかりませんが、その点や

准看護師から正看護師になるまでの期間を踏まえると

これから資格を取ろうと思う方は、正看護学校を目指した方が手っ取り早そうですね。

ですが、准看護学校は家庭がある方や学費をあまり掛けられないという方にとっては

非常にありがたい入口だと思います。

それが一本化になるということがあれば、是非とも奨学金や補助等

手厚い制度も踏まえて行って欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
学生になった嫁、娘、息子、犬、猫 そしてをマイホーム背負ったサラリーマン32歳 趣味 ケツメイシの曲で騒ぐ、犬猫とじゃれる 資格 社会保険労務士