社労士

社会保険労務士のオススメ資格予備校や講座は?【合格者が教える】

(※更新日 2020/04/25)

こんにちは、試験経験者の社労士しゅん太郎です。

社会保険労務士を目指しているけど、通学or通信資格予備校選び独学と勉強を始める前の悩みについて、経験者として紹介していきます。

  • どの資格予備校がいいの?
  • 通学と通信どっちがいい?
  • 独学でも合格できる?
  • できるだけ費用を抑えたい
  • 社労士を効率よく目指したい

そのようなお悩みに、通学講座で社会保険労務士を取得した身として、あなたのベストな講座選択のヒントになればと紹介させていただきます。

しゅん太郎
しゅん太郎
個人的には通学講座よりも通信での学習をオススメします‼

通学を経験した身として「資格難易度Aランクの社会保険労務士試験はしっかり通学講座」と思う人は、少し考え方を改めてみてはいかがでしょうか?

 

社労士試験に挑むためにまず考える事

まずは、社労士試験対策の前に自分の生活スタイルや、どのような勉強方法が向いているか考えていきましょう。

私は、学校の授業のような空間が眠くなって苦手なのに、通学講座を選んでしまいました。

自分勉強スタイルを理解したうえで、それに合った資格予備校教材を選んでいきましょう。

社労士しゅん太郎が選んだ大手資格予備校の通学講座

私が選んだ選んだ講座やそれを受けて通信講座の方がオススメの理由にも触れていきます。

選んだ講座

資格予備校 資格の大原
通学or通信 通学講座(1年コース)
費   用 約20万円
結   果 一発合格*
学力偏差値 45(高校入学時)

*選択32点(40点中)・択一58点(70点中)

週2日で朝から夕方までのコースでしたが、失礼な話というかもったいない話ですが私は講師の説明をBGMに教材の先を読み進めていたのです

更に失礼な話ですが、講義中に居眠りをするほどでした、、、

時たま休むこともあり、別途料金を払い休んだ日の講義を映像学習で学ぶこともありました。

そこで感じたのは、、、、

  • 拘束時間が長い
  • 通学よりも映像の方が集中できた
  • 質問しなくても理解できる
  • 分からない箇所はネットで調べられる

通学の良いところももちろんあります。

わからない箇所をすぐに質問して疑問解消できる点や、同じ目標を持つ人と勉強できて刺激になる点の2つです。

しゅん太郎
しゅん太郎
ただ自分はその両方を活かせませんでした‼

社労士の勉強スタイルや費用の相場は?

社会保険労務士を目指す場合は、3つ勉強スタイルに分かれます。

その他にも費用やどの資格予備校を選べばいいのか悩むところです。

勉強スタイル&費用相場

  • 通学講座  20万円~30万円
  • 通信講座  10万円~30万円
  • 独学    数千円~数万円

30万円は正直言って高すぎなので、そこまでしなくても合格できるので安心して下さい。

社会保険労務士試験は確実に取得出来る難関資格!(※更新日 2020/04/21) どうも、社会保険労務士歴10年のしゅん太郎です。 学生時代なんの努力もしてこなかった自分は、就職...

社会保険労務士試験は、8割程度の人が何かしらの資格予備校で学んでいることからも市販教材だけの完全独学は正直オススメしません

数千円程度の市販教材だけでははっきり言って、相当ハードルが高いと思っておいてください。

それでも市販教材で行くという考えがあれば、最後に私がオススメする講座選択も読んで選択肢として考えてみて下さい。

・通学よりも通信
・費用は10万円前後*

*社会人なら条件に該当すれば教育訓練給付で20%安くなる

【社労士監修】教育訓練給付金の種類を社会人にわかり易く解説!(※更新日 2020/05/06) 教育訓練給付金を使いそこねた、社労士しゅん太郎です。 教育訓練給付金を調べると、難しい用語がなら...

合格者がオススメする講座ベスト3

私が個人的に社会保険労務士試験の経験者として、費用や教材を相対的にみてオススメするベスト3を紹介します。

全ての悩みを解決するバランス重視

クレアール
教材内容が充実で、実績OK、費用も抑えられた全体的に文句なしの資格予備校ならクレアール‼
教材の内容
費   用
サ ポ ー ト
安 心 度

詳細ページ

サポートはどうしても大手資格予備校には劣りますが、社労士試験対策への悩みをバランス良く解決しています。

教材についても、勉強経験者としても見やすく文句なしです。

クレアールの評価ポイント

  • 悩みをバランス良く解決
  • 問題集が充実
  • 満点より合格ラインを目指す
  • どこでも講義視聴可能
  • コスパがかなりいい

とにかく、教材内容講師レベルポータブル的な面も含めて、かなりバランスが取れた資格予備校です。

万が一の不合格に対して、翌年の受講への費用サポートまで十分なので残るはあなたの努力だけで合格できます。

しゅん太郎
しゅん太郎
なにより問題集が満足の内容‼

社会保険労務士試験の合格を勝ち取る為には、なによりも問題を解きまくることが大事です

どの資格予備校を選ぼうとも、絶対的欠かせない勉強法である問題集に力を入れている点は、かなりの評価ポイントといっていいでしょう。

私は、絶対一発合格という考えと、通信講座がまだまだ充実していなかったこともあり費用面以外は納得の大手資格予備校を選びました。

今となっては、どこでも学べる程にどの資格予備校も通信講座充実しているので、費用面も納得のクレアール1位とさせて頂きます。

ただ、補足として模擬試験は大手の資格予備校に必ず参加して、場数を踏んでおきましょう

しゅん太郎
しゅん太郎
受験者数も多く、現在の自分の学力がはっきり分かるよ‼

クレアールが合わない人

  • 質問してすぐに理解を得たい人
  • 図解が多く色合いが欲しい人
  • 時間やお金に余裕がある人

通信講座ということもあり、質問に対するスピーディ感はどうしても落ちてしまいます。

さらに、教材は色合いが2色程度のいたってシンプルな教材です。

ただでさえ法律の試験で気むずかしい内容なので、抵抗感あるという人には3位のフォーサイトの方がオススメします。

そして、時間やお金に余裕がある人は2位の大手資格学校が間違いないでしょう。

費用以外は完璧なサポート重視

TAC
費用面の問題さえ解決するなら教材内容やサポートに申し分ないTACや大手の資格予備校‼
 
教材の内容
費   用
サ ポ ー ト
安 心 度

詳細ページ

教材の内容や講師レベル、さらにはサポート力どれを取っても文句なしです。

大手予備校の評価ポイント

  • 教材&講師レベルが高い
  • 費用面以外の悩みは全て解決
  • スマホアプリの問題集
  • 模擬テストなどのサポート
  • 満点を目指す網羅的な教材

ただ、費用が資格予備校の中でもかなり高いので、そこだけがネックといっていいでしょう。

同じ大手資格予備校(大原)を選んだ身としては納得のいく教材でしたが、結果的にはそこまで手厚くなくても合格できたという実感がありました。

使いきれていないサポート面に無駄に費用を払っていたことを考えると、2位とさせてもらいます。

しかし、費用なんか気にせず『絶対一発合格』を目指すならTACを強くオススメします

スマホを使った問題集なんてかなり魅力的な上に、かさばる教材をタブレットでも持ち運べる機能性も他とはかなり差がある魅力といっていいでしょう。

ちなみに私は大原で一発合格だったのですが、TACをオススメする理由は2つです。

単純に教材が勉強したくなるようなデザインという個人的な美的センスと、ポータブル要素はかなりTACに軍配が上がります。

しゅん太郎
しゅん太郎
長期間の勉強になるので、結構大事なポイントです‼

もちろん【資格の大原】もTACと同等レベルの教材やサポートがついているので、費用面の問題がなければどちらも資料請求して検討しましょう。

大手資格予備校が合わない人

  • 費用面で厳しい人

費用さえ折り合いがつけば、断然【TAC】【大原】やその他にも【LEC】をオススメします。

 

初学者に優しい中身で費用重視

フォーサイト
法律という気難しさを忘れさせてくれるフルカラー教材が魅力‼もちろん費用もかなり安い‼
 
教材の内容
費   用
サ ポ ー ト
安 心 度

詳細ページ

 

費用面を優先すると、NO.1です。

そして、フルカラーの教材は初学者にとってはかなり魅力的なのでは?

テキストサンプルを見ても、本当にフルカラーでまるで小・中学生の教材のようでわかり易かったです。

ただ個人的には理解したいところをマーカーで塗ったり、メモして自分色の教材にしたいタイプなので、順位を3位にさせて頂きます。

しゅん太郎
しゅん太郎
なんかメモして汚すのがもったいな感じになるので‼

フォーサイトの評価ポイント

  • 費用が安い
  • 教材がフルカラーで見やすい
  • 図解イラストでわかり易い
  • 満点より合格ラインを目指す

フォーサイトについても、大手資格予備校の模擬試験は必ず受けておきましょう。

フォーサイトが合わない人

  • 法律の勉強に慣れた
  • 満点レベルを目指す

フルカラーで学びやすいのですが、見やすさやわかり易さが重視されて細かな部分が少し物足りないかなという印象。

でも、十分合格ラインを狙える教材なので、あくまでも法律に慣れた人や満点を目指す人にとってはということです。

ということで、数多くの資格予備校からバランスサポートコストの3つを重視して厳選して選ばせていただきました。

もちろん他の資格予備校でも、合格は目指せるのですがどこを選べばいいか悩むようであれば参考にしてみて下さい。

費用最小限のカスタマイズで独学オススメ講座

最後に、最小限に費用を抑えた独学に近い勉強法をしたい人に、オススメな選択を紹介します。

やはり、市販教材だけではハードルはかなり高くなるので、時間的観点からもオススメしません。

しかし、2つのポイントを意識すれば、あながち独学も悪くはないと思っています。

  • 資格予備校の教材
  • 直前対策や模擬試験には参加

大手資格予備校なんかは、教材のみの通信講座(4万円程度)も行っています。

割高にはなりますが、本気で合格を目指すなら最低限必要経費です。

その代表格としては、ユーキャンもオススメです。

ユーキャンは教材内容についても、評価が高いので大手資格予備校と費用面も含めて検討してみましょう。

わからない所も、今では簡単にSNSで調べられます。

効率が良い人であれば、質の高い教材が手元にあれば十分合格を狙えることでしょう。

独学に近いオススメ勉強法

  1. 大手予備校の教材 約4万円
  2. 分からない所はSNSで調べる
  3. 模擬試験を受ける 1回数千円
  4. 直前対策を受ける 1万円~

最小限の教材だけから始めて、必要なことを追加で補うという方法が最も費用を抑えた方法です。

法律の勉強に触れたことがない人にとって始めは抵抗感がありますが、慣れると後半は教材だけでも理解が進みます。

 

ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
30代社労士が働く保険、生活に欠かせない公的保険の情報をどこよりもわかり易く紹介! その他に、30代のリアルな貯蓄事情やボーダーコリーの情報も発信中!