法改正や労働問題が増えているので、労働基準法の知識はかなり重要性が高まっています。

その観点から、近年は通達や判例をメインとした問題が多く問われています。

そこで重要になってくるのが、労働基準法を応用的に理解できるスキルです。

徹底的に基本条文の理解を深める

通達や判例を利用した応用的な問題となると、基礎がとても大事になります。

  • 基本的な条文対策
  • 通達・判例問題対策
  • 長文問題対策

通達・判例問題となると、どうしても長文になってきて問われている基本ポイントをどう拾えるかが大事になります。

算数や数学の長文問題を思い出してみて下さい。

いくら読んでも『』だった問題も、解答みると『なんだこんな簡単な問題だった』ってことなかったですか?

労働基準法も同じで、基本条文の知識が長文に隠れているだけなんです。

しゅん太郎
しゅん太郎
だから基本条文は大事

基本をおさえて、問題集で応用力を身につけましょう。