生活

投資信託は地道な積立も一瞬で損する?

老後資金を地道に貯めている30代の社労士しゅん太郎です。

今の30代は、はっきり言って年金なんてあてにしてはいけない年代といっていいでしょう。

社会保険労務士である私が言っているので、多少は信憑性を持っていただけるかなと思います。

しかし、完全に年金は貰えないわけではなく、頼ってはいけないということを伝えたい。

私は、一切年金は貰えない気持ちで今後必ず訪れる老後の為に、地道積立投資信託をしています。

少しでも投資信託を始めようとお考えの方の為にも、実際どうなんだと参考にしていただければ幸いです。

今回は投資信託デメリットな点をメインに書いていきます。

良い点は、別記事でご紹介しています。

新型コロナで株価暴落で投信信託大打撃

本当に気分が落ちて働く気が失せるほどに、株価に大打撃の新型コロナウィルスです。

当然ですが投資信託は、世界情勢によって株価程ではないですが投資した資産上下します。

そんな中で、私も積立で毎月1万円投資信託に資産運用として購入中。

投資信託を始めて、約3年ですが金額としては約30数万円程が元本となります。

では、その原資が一体どうなっているのか見てみましょう。

資産運用という投資信託の悲しすぎるデメリットな一面

まず初めに、少ない原資ですが好調な時の状況を紹介します。

いかかでしょうか?

銀行に預けておくだけでは、こんな利息は数千万円以上銀行に預けていないと無理です。

しかし、たった30万円程度でこれだけの利益が発生する投資信託は魅力ではないでしょうか?

これは全て積立で毎月地道に購入した結果です。

是非、銀行寝かしたお金があれば投資信託を始めましょう

投資信託は、お金が働いてくれている感が半端ない

これまでの努力が一気に水の泡になる投資信託

冒頭でも触れていますが、この記事を書いているタイミングで新型コロナ猛威を振るっています。

マジか!!

と働く気を無くす程に、株価が絶賛暴落中です。

その結果、投資信託はどうなっているのかというと、、、

3年間積み重ねがあっという間に、マイナスです。

株価2万3000円台だったのが、一気に1万7000円台にまで下がっていたらこうなりますわ。

評価益プラスになればマイナスにもなる。

それが、銀行に預けておくことと大きな違いであるデメリットな面です。

あなた
あなた
おいおい、資産運用が逆に大幅に損しとるやないかい

しかし、こんな時こそ資産運用の大事なポイントでもあるのです。

投資信託は下がった時こそ資産運用のチャンス

元本が、マイナスになるなんて嫌だ。

そりゃそうです。

私も、地道に買い続けた投資信託がマイナスになるなんて嫌に決まっています。

しかし、やらなければよかったなどとは一切思いません

この株価大幅下落の時こそチャンスでもあるからです。

手元にあるお金で投資信託は始めてはいけない

投資信託を始める際に、手始めに手元のお金をまとめて使うことは避けましょう。

  • いざという時の流動的なお金がなくなる
  • 株価のタイミングでは損する
  • 株価が下落した時の資金に回せない

目先に必要なお金を、投資信託に回してしまうといざという時に困ります。

急な出費に困る

手元に、余裕あるからと言って初めからまとめて投資信託に回すのは危険です。

しっかり、手元に余裕を残しましょう。

株価のタイミングで損することも

株価1万円の時と2万円の時とでは買える口数が違います。

単純な例えですが株価1万円の時に、1万口買えるのに2万円になると0.5万口しか買えないのです。

これは大きな違いで、1万人で働いてもらうか、5千人で働いてもうらかの違いです。

投資信託は、どれだけ安く買い続けるかでお金の働く力が違う

株価の下落時に資金を回せない

資産運用を始める際に、このくらいなら投資信託にまわせると思ってまとまった額を使うと、本当に買いたい時に使えなくなってしまいます。

しっかり毎月の給料から一部を、積立方式で購入する方法で始める事をお勧めします。

手元のお金は使わず、毎月の給料から積立方式で!!

手元にあるお金は絶対に投資信託に回してはダメ

投資信託を始めるとなったら、早く始めて利益を出したいと思うかもしれません。

しかし、よほど余裕がなければ手元のお金は、いざという時に残しておきましょう。

私のように、30代平均年収以下の人は積立地道に始めるべし!!

常に株価、右肩上がりで上がるわけではないのです。

サブプライムリーマンショック新型コロナといった必ず株価が下がる時が来ます。

その株価のタイミングに備えて、手元に余裕を残して安く投資信託口数を増やしましょう。

ちなみに、私はこの下落のタイミングで5万円追加でスポット購入しました。

働く兵隊を安く買って、株価の上昇に備えます。

 

資産運用しているお金マイナスになるのは、とても気持ち落ちます

それは投資信託だけではなく、資産運用に該当する全ての商品に当てはまる事です。

ですが、長い目を見て、積立地道買い続けつつ下落時にしっかり安く買い集めるといった資産運用を行えば、リスク最小限抑えお金を増やすことが出来ます。

私のように、しがないサラ・リーマンである30代の働き盛りには1番方法です。

是非、共に老後の資金を増やしていきましょう。

投資信託を3年間コツコツ積立て定期預金と見比べ!!こんにちは、社労士しゅん太郎と申します。 子供2人、住宅ローン、嫁のまさかの教育ローン(現在:准看護学生)と貯蓄どころではない30代サ...

 

ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
30代社労士が働く保険、生活に欠かせない公的保険の情報をどこよりもわかり易く紹介! その他に、30代のリアルな貯蓄事情やボーダーコリーの情報も発信中!