30代貯蓄事情

嫁が看護師目指しちゃった夫の決断

30代の嫁が学生となった旦那しゅん太郎です。

別記事でも書いていますが、嫁が准看護専門学校に入学しました

共働きプランで、住宅購入、車のローン一括返済、そして太陽光設置(隣のお宅がつけてたのを見て、ノリで契約w)ときたなかで、嫁が学生。

教育ローンがドンッ!!

そんな中、旦那の私がどのような動きや考えをしたのかを書いていきたいと思います。

嫁が資格を取りたいと言い始めたら

准看護師資格を取得したいと言い出したのは、数年前の28歳か29歳の時だったと思います。

その時は看護助手として働いて2年程経過したときだったので、ある程度仕事もこなせて物足りなさを感じてきたのでしょう。

その際、一度試験をダメ元で受けたのですが不合格。

私自身、医療系の試験は難しいと思っていたので高卒の嫁が、家事もしながら数ヶ月勉強したところで受からないだろうと思っていました。

それに、共働きとして働いており、とびきりの贅沢は出来ないにしてもたまにの外食なんかはできる程度には生活は出来ていました。

そんな生活を壊してまで、資格なんて取らなくてもいんじゃないかとも思っていました。当然、収入が減り学費もかかるので生活がままならないのは目に見えていました。

男=仕事メイン&家事サポート

女=家事メイン&仕事サポート

そんな考え方だったので、今のままでいいやという感じでした。

嫁も、一度試験を受けた後は、資格をとるなんてことは言わなくなったので
30歳の時にマイホームを購入することになりましたw

ですが、マイホームを購入して1年がたったころです・・・

嫁
また准看の試験、受けてみる。

しゅん太郎
しゅん太郎
マジか?

そして、

合格

私は、嫁には悪いですが、内心どうせまた落ちると思っていました

嫁は、私には悪いですが、お金のことはあまり考えていなかったです

お互いさまの状況ですが、そこからどうすれば准看の学生時代(2年間)を乗り越えられるかを考え始めました。それが入学5ヵ月前のことですw

まずは資金繰り

まさか、家庭で資金繰りという言葉を口にすることになるとは思っていませんでした。

私は、総務部で経理担当なのですが、中小企業とはいえ経営は安定している為、会社でも資金繰りなんて言葉を出したことがありません。

そんな中、まずいくら収入があっていくら何に使っているのかを洗い出しました。
切り詰めらるところは切り詰めていかないといけません。

とりあえず、洗い出した結果、2年間乗り越えられそうにありません。

いや、マジ無理なやつやん!!

そんな状況でした。嫁の年収はだいたい300万程でしたが、それがアルバイトに変わり100万程になります。単純に200万減、そこに学費です。

蓄えがかなりないと、安心して生活など出来ません。
親に頼るのは私としては、嫌だったのでそこから真剣にどうすべきだと考え始めました。

まずは、大学生活で世話になった日本学生支援機構で奨学金を借りられるかを調べました。

結果、准看護学校は対象外・・・

はい、マズイです。激マズです。

どうしようどうしよう、銀行しかないか・・・とそんな中、光が見えました。

 

日本政策金融公庫

しゅん太郎
しゅん太郎
なんやなんや、この安心出来そうな真面目な感じの名前は!!

ということで、調べてみたら、日本学生支援機構以上に幅広く対応してくれる教育ローンサービスがあるやないかい。

すぐさま連絡し、面談を行い審査して頂きました。

これがまた、スピーディーでテンポよく口座に大金ドンッ!!

一応、1年間の学費分と諸経費分が限度になるのですが、100万円程借りることに成功。
※2年目は再度、申請することになります。

それが、入学まで3ヵ月の1月中旬のことでした

100万もあれば、元の貯金100万と併せてやっと、収入減の金額をカバー出来ます。
1年目は乗り切れますが、蓄えが底つきます。

 

看護師資格を目指す社会人必見!!日本政策金融公庫の教育ローンを活用!!住宅ローン、太陽光、車ローン!! そして、まさかの嫁の教育ローンを背負うことになったしゅん太郎です。 娘息子の教育ローンではありませ...

 

そして次に、当てにしたのが雇用保険の制度の一つです。

 

専門実践教育訓練給付金

これが、教育訓練の一環で学生になる雇用保険者を支援してくれる素晴らしい制度なんです。もちろん条件がありますので別記事で、ご興味あれば是非。

その制度で、

年間40万円×2年分!!

なんと合計80万円!!

少ない雇用保険料を毎月支払ったた結果、そんな大金が貰えるなんて。

って、ここに関しては社労士なんで頭にあったのですが、申請して改めて金額を見るとしみじみ助かる制度だなと感じました。

これで、1年目は教育ローンと雇用保険からで合計140万円は確保しました。

1年目 教育ローン100万円+雇用保険40万円
2年目 教育ローン100万円(予定)+雇用保険40万円

 

資格取得は、ハローワークを活用しよう!!社労士しゅん太郎です。 別記事でも書いていますが、私の嫁32歳は看護学生となりました。 准看護師を目指して、学生を始めています。...

とは言え、2年目は出来たら借入はしたくない(もしくは少額にしたい)という思いはあるのでどうしたものかと思っていたところに、頭によぎったことが・・・

愛車のVOXY煌を手放す。

初めての、新車で購入した車で3年程乗っています。愛着があり、ナビもALPINEのメッチャデカナビです。快適な車です。

手放せば、大金が入り、2年間なんとか乗り切れそうです。
ですが、手放したくない思いが半端ない・・・

 

しゅん太郎
しゅん太郎
はい、手放しました!!

簡単に書いていますが、考えに考え抜いた結果、手放しました。212万円・・・

本当に思い出をありがとう。それが入学1ヵ月前

それにより資金繰りは完了です。
2年目も最悪、金融公庫から借りれば(借りたくないが)乗り切れます。

愛車を手放すことは、本当につらかったですが、生活はなんとか確保出来たことでの安堵感はすごいです。この数ヶ月、ずっとお金のことを考えていたので。

すでに、入学金やら学費、消耗品(これがまた高い)で80万程減りましたがw

このままでいいのか俺

嫁が学生=生活が苦しくなる

嫁が、合格して資金繰りに目途がついたころから、別の感情が芽生えました。

嫁が学生=このままでいいのか俺

悩みが解消された途端に、別の感情が芽生えるんですね。

私、社会保険労務士という資格を持っていて結構胸を張れるくらいの努力をしたんです。

でも、それだけなんです。

毎日、平日仕事して、帰って犬とランニングして、お酒飲んで、土日はランニングしてお酒飲んでの繰り返し・・・

嫁は学生となり刺激ある毎日!!

私は、いくつかのローンに、追加で教育ローン・・・ある意味、刺激です。

いや、悲劇です。

その刺激である悲劇が、私のセンチメンタリックな繊細なハートをチクチクさせるのです。

そーいえば、ランニング以外に趣味とか楽しいと思えることがないな俺って・・・

ランニング自体も、お酒を美味しく飲む為の準備ですから、趣味なのかどうか。

そんなこんな、頭とセンチメンタリックなハートとの会話が数日続きました。

そして、嫁が学生になったことで、私の中に副産物が生まれたのです。

嫁の影響で産まれた副産物

今読んでいただいているこのブログこそが、副産物です

そんな、大げさなものではないのですが、私にとっては大きな変化が起こりました。

私、総務部で働いているのですが、非常にパソコンに疎く、専門用語なんかも初歩的な事も危ういくらいなんです。

例えば、OSはなにを使っていますか?なんて聞かれても返答に困ったりしますw

かなり酷いレベルです。

そんな私が、なぜブログを始めたのかですが、ここ最近の思考の順番が産んだ結果だと思います。

  1. 嫁が看護師を目指す
  2. 資金繰り=お金のこと
  3. 自分の先々を考える
  4. ケツメイシのりょうさんのブログ(涙でリールが見えない)

1.2はほぼ同時ですが、嫁が学生になるなんて3月になるまで実感がわきませんでした。

そして、3のこの先の私です

同じルーティンに刺激をと思いふつふつとやる気がみなぎっているがなにをすればいいかと思っていました。

そして4です。

私は、ケツメイシが大好きなのですが、その中でもりょうさんが大好きです。

そんなりょうさんが、【涙でリールが見えない】というブログをやっています。

偶然にそのブログを、資金繰りで頭を悩ませている中、出会ったんです。

さすが歌詞を作るだけあるなと感じる、面白いブログなんです。

りょうさんの日々の出来事を書いており、とても身近に感じさせられる文章です。

そんな4つが、私の頭の中で混ざり合って出した答えが、

しゅん太郎
しゅん太郎
そう、ブロガーです。

分かっています。決して甘いことではないのを。

ですが、社労士の資格を取得時に使い切った努力が、10年越しに充電されたようです。

あの時の努力が出来れば、少しでも形には出来ると思ったのです。

まだまだ、初心者で右も左も前も後ろもわかりませんが、なんとかやって見せます。

やっぱり趣味って大事

無料でやれるはてなブログとかではなく、いきなり自分で有料サーバーを借りてドメインまで契約してやる点が、パソコンに疎い私がここまでめげずにやっているなと感じます。

邪な気持ちがそうさせるのかと思っていましたが、最近ではそうではないと感じています。

私自身、趣味という趣味がない中、ブログを始めて思ったことは、

キーボードで文章をうつのが好きなんだなと感じました。仕事でも、タイピングすることがわりかし好きで、事務作業はまったく苦痛に感じません。そこがめげずに続けられている大きな要因です。

そして、ブログに画像も載せないと見栄えが悪いということで悩んでいたのですが、それを自分で描こうと決めて、絵も描き始めました。

子供の頃は、結構好きなキャラクターの模写とかしていたので絵は描けなくはなかったのですが、大人になってからはまったく描くことがなくなりました。

そんな中、ブログに載せる画像を探したりするより自分で描いた方が愛着がわくと感じ、今練習中です。

改めて、絵を描くことが面白く感じ、その練習している際に出会ったものが、デジタルイラストです。

これがまた、楽しくて仕方がないです。ってか、メッチャ便利。

消しゴムのカスが出ないw

邪な気持ちで始めたブログも、今ではお金を稼ぐためにとかではなく趣味として楽しく書きながら、且つ、描きながらやれています。

趣味があることで、こうも生活にメリハリがでるんだなと感じました。

人生なにがきっかけで、何に出会うかわからない

たかだか、趣味見つけたくらいでなに大げさなこと言ってんの?

て、思うかもしれませんが、趣味って見つけようと思って見つけられるものではないと思います。

偶然、出会うものかなと。

嫁も、たまたま近場で仕事を探していて、ライフスタイルにあった仕事として看護助手を選びました。

そこに看護師を目指す意識なんて一切なかったはずです。

それが今では、准看護師の資格を取りたいと思って看護学生です。

高校卒業した時の嫁が、まさか30歳過ぎて学生になるなんて思ってもいないでしょう。

今読んでいる方も、もしかしたら、なんのきっかけで学生になるかもわからないですよ?

長ったらしくすみませんでした。
嫁が、学生になること決して悪いことではないので、世の中の旦那、たかだか数年です。
寛大に受け入れていきましょう。

ではでは。

 

 

ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
学生になった嫁、娘、息子、犬、猫 そしてをマイホーム背負ったサラリーマン32歳 趣味 ケツメイシの曲で騒ぐ、犬猫とじゃれる 資格 社会保険労務士