愛犬、愛猫との暮らし

ブリーダーとペットショップのメリットデメリットを比較しよう

犬、猫、動物を飼うかご検討の方々

こんにちわ。愛犬と愛猫と暮らすしゅん太郎です。

猫に関しては、保護猫なのでどちらでもないのですが、

飼う際悩むのが、ブリーダーから直で譲っていただくか、

ペットショップで購入するのか悩みますよね。

結論から言いますと、

断然、ブリーダーからがおすすめ

ということです。

 

ペットショップで出会うメリット・デメリット

断然、ブリーダーからと言っているわりに

ペットショップを目にすれば必ずどんな子がいるんだろうと

見て回のが大好きですw

日々の生活の中で、子犬や子猫を見ることは確実に癒しですから。

しかし、絶対に触りません!!

これまでにペットショップで触れていたら、今飼っている愛犬シェリーと出会う前に
ペットショップでなにかしらの犬種を購入していたでしょう。

子犬、子猫に触れるということはとても覚悟がいることなのですw

ペットショップのメリット

これは、前述したようなことがメインになりますね。

メリット

  • 身近ですぐに会える
  • ペット保険がすぐに手続き可能
  • 全国の店舗から好みの犬種を探してくれたりする
  • 特典があったりする
  • フードやグッズなども併せて揃えられる

なによりも、身近ですぐに会えることでしょう。

本当に買い物の際は、触りたい気持ち堪えて必ず見ちゃいます。

様々な必要な物もその場で、一括で揃えられるのも魅力でしょう。

 

ペットショップのデメリット

デメリット

  • ブリーダーさんと会えない
  • 親犬、親猫や兄弟と会えない(どんな性格になるのか想像がつかない)
  • 好みの犬種と中々出会えない
  • 大事な時期もショーウインドウの中

身近であるがゆえ、結構大事なことが叶わなかったりします。

私は、家族になる子がどんな性格になるのか成長するのかを知りたかったので

絶対両親犬も見て飼おうと思い、ペットショップの選択肢はなかったです。

兄弟にも会いたかったし、ましてやその子たちを育てたブリーダーさんにも会いたかった。

そして、なにより飼いだして感じたことは

大事な時期も、飼ってもらえるまでショーウインドウの中にいるということ

これは、しつけという点では影響する可能性があります。

社会化期という時期!!(生後3ヵ月程度まで)
※そこで、性格が決まるとも入れています。

そんな時期にショーウインドウの中にいるので

知識有る店員さんがいるとはいえ、ストレスが溜まったりもします。

 

ブリーダーで出会うメリット・デメリット

専門の犬、猫を育てるプロフェッショナルなブリーダー!!

ペットショップとはメリット、デメリットがまさに逆転したような状況になります。

 

ブリーダーのメリット

 

メリット

  • ブリーダーさんと直で会える
  • 欲しい犬種や猫種のプロフェッショナル
  • 健康な子犬、子猫(身元がしっかりしている)
  • 産まれた環境や、両親犬猫に会える
  • アフターフォローが気軽にできる

飼う前に大事にしていたことは欲しい犬種のプロから安心して譲ってもらうことでした。

もちろんペットショップも専門ブリーダーから集めてきたのかもしれません。

ですが、どうしてもペットショップに仲介してもらうなら直接繋がった方がいいと感じてしまいました。

あと今となっては、アフターフォローがすごく気軽なところが良かったです。

我が家は、ブリーダーさんとインスタグラムで繋がっていて

困ればその都度、連絡を取り合っています。

互いに、『いいね』のし合いが出来る関係が築けます

 

ブリーダーのデメリット

デメリット

  • 身近にブリーダーさんがいない
  • ブリーダーさんとの相性
  • ペット保険や特典等は特になし
  • 早いもの勝ち

身近にブリーダーさんがいないのがほとんどです。

私の場合、とても良い方でしたがブリーダーさんとの相性も大事になってきます。

私は、ボーダーコリーを探していたのですが往復4時間掛けて見学に行きました。

譲り受ける日も併せたら2往復です。

とはいえ、お出かけがてらだったのでなんの苦もなかったです。

それにこれから10年以上ともに散歩する仲になるのに、こんなことを苦労に思っていたら話になりません。

冷静に考えたら、もはやデメリットでもなんでもないです。

あとは、専門ブリーダーなので丁寧に育てる反面、頭数に限界があります。

飼う方も欲しい犬種を調べて集まってきますので悩んでたらすぐ他の方の家族になってしまいます。

 

 

ブリーダーとペットショップに対する私の個人的主観

最後に、私自身がブリーダーを進める最大の理由は、

お金

そもそも、命をお金で飼うということに抵抗がありました。

それは、ブリーダーもペットショップも同じです。

愛猫に関しては保護猫なので、最初は保護犬や里親を検討していました。

ですが、条件なんかも厳しく共働きの私たちにとっては難しいだろうと思いブリーダーにしました。

ブリーダーから飼う場合は、いい値です。

ですが、ペットショップの場合はどうしても仲介手数料(人件費や利益)が発生します。

それは、命に新たにお金を乗っけていることになります。

そこがどうしても抵抗がありました。

出来うる限り、命そのものに係った手間暇だけにお金を出したかったのでブリーダー一択でした。

仲介手数料は、自分の労力(出向く)で0円に出来ます。

ペットショップは確かに可愛い子犬子猫たちがいて、動物好きとしてはとても癒されます。

私なんかよりもはるかに知識を持った人たちがお世話をしているのもわかるのですが、

その反面、どこか可哀相にも思えてします自分がいます。

ということで、ブリーダー、ペットショップどっち??でした。

なんだかんだ考え方はありますが、ブリーダーだろとペットショップだろうと

ピンっときたらその子はもう家族ですw

 

ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
学生になった嫁、娘、息子、犬、猫 そしてをマイホーム背負ったサラリーマン32歳 趣味 ケツメイシの曲で騒ぐ、犬猫とじゃれる 資格 社会保険労務士