フード
PR

【ブッチの食いつきは?】愛犬が食べてみた結果|レパートリーも増える万能フード!

しゅん太郎
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • ブッチって美味しいの?
  • ブッチってどう与えるの?
  • ダイエット中の愛犬でも大丈夫?

ブッチって、インパクトあって目にとまりませんか?

絶対人間が食べてもおいしいでしょ?』ってくらい美味しい見た目です。

気になっている愛犬家も多いと思うので、筆者も愛用中のブッチをレビュー記事として紹介していきます

もし同じフードばかりで味変させてあげたいご家庭は、ブッチ使い勝手いいのでおすすめです。

ブッチはメイン&サブと使いやすい低カロリーで健康的フード

ブッチは人気フードでレビュー記事も多いので、ダイエット要素もプラスした内容でご紹介していきます。

筆者の愛犬は、ダイエット中のボーダーコリーなので肥満気味な子にも参考になるかとおもいます!

低カロリーなドライフードだけじゃ可哀そうってご家庭は、わが家のブッチ事情をぜひ参考に読んでってください。(猫でも食べれるブッチも紹介)

シェリー
シェリー

ダイエットの味方

しゅん太郎
しゅん太郎

かなり食いつきが良いのでおすすめ

この記事でわかること
  • ブッチの中身
  • ブッチの食いつき度
  • ブッチのメリット・デメリット
  • ブッチでドライフードを好きになる方法

※この記事はアフィリエイト広告を利用しています

ブッチを超お得に試してみた記事はコチラ

合わせて読みたい
【即購入】ブッチのトライアルセットを注文!3本で1本分お得に購入できる!
【即購入】ブッチのトライアルセットを注文!3本で1本分お得に購入できる!

ブッチ紹介&食いつきを動画で見たい場合はコチラ

わが家のブッチの与え方

まず初めに、愛犬にどのようにブッチを与えているのか紹介していきます。

ブッチをドライフードに少し混ぜるだけでも、愛犬の食いつきが違うのでだいぶ好きなようです。

ブッチをメイン&サブフードで使い分けがしやすい

ブッチは使い方にとまどうかもしれませんが、1本あれば愛犬猫への食事のレパートリーが増えるのでおすすめです

わが家のブッチの使い方

  1. ドライフードにのせる
  2. ドライフードに混ぜ込む
  3. ブッチ主食のレトルトフード

こんな感じで、3パターンに分けて愛犬に与えています。(ドライフードだけの時もある)

毎日同じフードを与えているご家庭は、ブッチを取り入れるだけで愛犬猫の反応が見違えるのでぜひお試しください。

しゅん太郎
しゅん太郎

ブッチはかなり使いやすい

ブッチで『男飯』

わが家は普段こんな感じで、ブッチをドライフードにのっけています

ドライフードだけでは味気ないですが、ブッチを乗っけるだけで愛犬の反応は段違いです。

ドライフードにブッチを混ぜるだけで食いつきが全然違う

ブッチが放つ香りは、人間でも食欲をそそられます。(当然犬用なんで実際はだいぶ薄味)

鼻のきく犬猫にとっては、相当テンション上がる匂いなんでしょう。

ドライフードの食いつきが悪いなら

  • ブッチをドライに混ぜ込む
  • ブッチを少し温めてあげる

ドライフード嫌いでブッチでだけ食べてしまう子は、より混ぜ込んであげましょう。

ブッチは水分量が豊富なので、簡単にほぐれてドライフードにしっかりなじみます

ブッチと『スープ』

筆者は、1週間に1度くらいのペースで【POCHIの幸せ】シリーズのレトルトスープをブッチに混ぜて与えています。

このPOCHIとブッチの組み合わせが、愛犬にとっては最高なようです。

ブッチとPOCHIの組み合わせは最強に食いつきが良い

ブッチとPOCHIは、両方とも低カロリーでダイエット中の愛犬にもおすすめです。


※下に見えるのがPOCHIのレトルトです

食べ終わったあともひたすらお皿を舐めてるくらいの反応です。

POCHIのレトルトスープは、ブッチのように大きなペットショップであればよく見るので探してみてください。

ブッチをきっかけに色々試すようになりましたが、愛犬も喜ぶしなにより健康を思うと大事なことだなと感じます

シェリー
シェリー

POCHIはたくさん種類があるよ

しゅん太郎
しゅん太郎

ブッチと組合せると相当食いつきいいよね

ブッチってどんなフード?

おそらく、ブッチの見ために戸惑うご家庭も多いかと思います。

主食なの?おやつなの?』と思うような見ためですよね。

結論から言えば!

ブッチは主食&おやつと多様的に使えるフード

ブッチは、ご家庭に合った使い方できるので使いやすいフードです。

あると便利なブッチですが、なにより新鮮で低カロリーな点が魅力になります

しゅん太郎
しゅん太郎

ブッチはボリューム満点で低カロリー

ブッチの『こだわり』

まずはブッチの特長から紹介していきます。

ブッチは環境規制が厳しいニュージーランドの原料を使用

愛犬猫にはできる限り健康に長生きしてもらいたいですよね。

ブッチは安全な原料にこだわっているので、低カロリーで健康的なフードです。

さらにブッチは原料以外にも、こだわりを持っています。

ブッチの【こだわり】
  • もちろん無添加
  • 豊富すぎる水分量
  • 100℃未満で短時間料理法
  • 素材や風味を大事にした調法
  • 原材料を数時間で製造だから新鮮

筆者はフードを変えるたびに味見をしますが、ブッチも当然試食しました。

これ絶対健康的なやつ』ってのがわかる新鮮さです。

ブッチを食べた感想
  • 脂っぽくない
  • 薄味でサッパリ
  • かなりみずみずしい

ブッチ輪切りに切った瞬間、水が飛び出すくらいの水分豊富で新鮮さも感じます。(とりあえずみずみずしいです)

脂っこくなく、低カロリーなのもわかるさっぽりした味でした。

シェリー
シェリー

これ絶対上手いやつ

しゅん太郎
しゅん太郎

ダイエット中でも安心してあげられる

見ために反して『低カロリー』

ブッチは、持ってみるとずっしり重いですが見た目に反して低カロリーです。

なので、ダイエット中でも安心して与えることができます

ブッチは愛犬猫のダイエットに最適なフード

筆者の愛犬もダイエット中なので、低カロリーなブッチはかなり活用しています。

ダイエットしていると低カロリーなドライフードに頼ってしまいますが、どうしても味気ない食事になりがちです。

そんな時に、低カロリーなブッチで愛犬猫もダイエットにストレスなく食事を楽しんでくれます。(反応だけでわかるくらい)

シェリー
シェリー

ドライだけだと飽きちゃう

しゅん太郎
しゅん太郎

ちょっと混ぜるだけで食いつきが違うもんね

『子犬』にも安心なブッチ

子犬期は健康的な体を作るためにもフードにこだわりたいときも、ブッチは効果的です。

そもそもブッチに入っている原料は消化に良いものばかりなので問題ありません

ブッチは水分量が多いので子犬にはあげすぎに注意

ブッチの口コミを見ていると、ときたまウンチがゆるくなる子がいるようです。

ブッチは消化しやすくなっていますが、もともと水分量が多いので与える量によってはウンチがゆるくなります

ドライフードなどに混ぜたりして、愛犬猫に合った量を試してみてください。

シェリー
シェリー

フードで全然違う

しゅん太郎
しゅん太郎

食べたその日から変化するもんね

ブッチは『保存も便利』

与え方によりますが、ブッチは中型犬でも1週間程度は軽くもちます。(1日1切れの場合)

ブッチは冷蔵庫での保存が必要です。

ブッチはキャップがあるので冷保存も簡単

筆者の愛犬は活発なボーダーコリーで消費量が早いので、まとめ切りしてラップで包んじゃいます。

小型犬の場合は、画像のようにキャップをして冷蔵庫で保存するのがいいかしれません。

しゅん太郎
しゅん太郎

ちょっと混ぜるだけで食いつきが違うもんね

ブッチは3種類から選べる

それではブッチの全3種類の中身を紹介していきます。

ブッチの種類

  1. ブラック・レーベル
  2. ホワイト・レーベル
  3. ブルー・レーベル

ブッチは赤身肉・チキン・犬猫両方OKと好みや環境に合わせて与えることが可能です。

それぞれのブッチの特長を紹介していきます。

ブラック・レーベル

ブッチの中でもベストセラーなのが、【ブラック・レーベル】です。

とりあえずどのブッチか悩んだら、ブラックレーベルを試してみましょう。

ブラックレーベルのポイント
  • ブッチ1番のベストセラー
  • 赤身肉好きにおすすめ
  • 口臭が気になる
  • 食欲があまりない
  • 毛艶や皮膚のケア

ちなみにブッチ(ブラックレーベル)の断面がこんな感じです

ソーセージの香りがすごくて、飼い主が食べたくなります。

筆者が食した感想
  • だいぶ薄味(当たり前)
  • かなりみずみずしい
  • 新鮮さがスッゴイわかる

この画像からわかるように、ボーダーコリーはブラックレーベルのブッチが好きかもしれません

ちなみに筆者の愛犬ボーダーコリーもしきりにブラックレーベルの匂いを嗅いでました

シェリー
シェリー

活発な子はブラックかもね

しゅん太郎
しゅん太郎

どうせ全部好きだろうけど

ホワイト・レーベル

赤身肉が苦手な愛犬には、ブッチの【ホワイト・レーベル】がおすすめです。

ホワイトレーベルポイント
  • 赤身肉が苦手
  • チキンが好き
  • 口臭が気になる
  • 食欲があまりない
  • 艶や皮膚のケア

ブルー・レーベル

ブルー・レーベルはほかのブッチと異なるポイントがあります。

犬猫どちらも食べられるブッチ

筆者は犬猫と一緒に暮らしているんですが、同じようなご家庭には一番コスパの良いブッチです

ブラックレーベルとは違い、シンプルな中身になっています。

ブルーレーベルは他のブッチと違い、猫も食べられるので両方と暮らしている場合はコスパがよくておすすめです。

愛猫のレオもふだんはドライフードなので、ブッチへの食いつきがすごかったです。

いがいと、犬より猫のほうがブッチを見た時の反応は違います。

しゅん太郎
しゅん太郎

両方が食べれるのはホント便利!

ブルーレーベルのポイント
  • 犬猫両方と暮らしている
  • 口臭が気になる
  • 食欲があまりない
  • 毛艶や皮膚のケア

ブッチを3本まとめて試してみたいなら【トライアルセット】がお得です

キャンペーン中

ブッチ3本あれば、中型犬でも1ヵ月は持ちます。(ドライフード7:ブッチ3)

お買い得なので、ブッチ試してみたいご家庭はトライアルセットがおすすめです。

ブッチの【デメリット】

ここまでブッチを肯定的に紹介してきましたが、多少のデメリットもあります。

ブッチを毎日与えると食費がめっちゃかかる

できるならブッチのような新鮮で健康なフードを毎日与えたいところですが、そうもいきません。

っといったデメリットがブッチにはあります。

しゅん太郎
しゅん太郎

できるなら毎日あげたいけど、、、

大型犬は『コスパ悪い?』

ブッチの最大のデメリットはコスパです。

継続的にブッチを与えるなら、ドライフードと併せて与える方がいいかもしれません。

大型犬はブッチをメインフードにしたら数日と持たない

ブッチは1本1,400円程度なので、メインフードとして与えると相当食費がかさみます

サブとしてブッチをドライフードに混ぜたり、ときたま贅沢にメインってくらいがちょうどいいかもしれません。

逆に小型犬の場合は、ブッチ1本で長持ちするのでおすすめです。

シェリー
シェリー

小型犬てうらやましい

しゅん太郎
しゅん太郎

体格ばっかりはしょうがない

少しでもブッチを安くしたい場合は【定期購入】することで継続的に安く購入が可能です。

ドライフード『嫌いに?』

ブッチは生肉に近い新鮮なフードです。

ブッチに慣れてしまうと、食にうるさい犬猫はドライフードを嫌いになるかもしれません。

ドライフードメインのご家庭はブッチは混ぜると食べっぷりUP

筆者の愛犬はなんでもガッツいて食べてくれるので大丈夫ですが、食へのこだわりを見て調整してブッチを与えましょう。

しゅん太郎
しゅん太郎

ブッチばっかりは家計的にキツイね

ちなみに、ブッチをお得に試したいなら【定期購入】がおすすめです。

  • ブッチ定期購入で10%OFF
  • 金額は2倍でも量はお得の2.5倍の2kg

ブッチを試したい方はプライム100もどうぞ

合わせて読みたい
【食いつきは?】Prime(プライム)100を試してみた|ドライフードに混ぜて食いつきUP!
【食いつきは?】Prime(プライム)100を試してみた|ドライフードに混ぜて食いつきUP!

【ブッチ】のレビューまとめ

筆者の個人的意見ですが、ブッチはかなりおすすめのフードです。

ブッチをおすすめする一番の理由は使いやすさです。

ブッチ【まとめ】
  • メインにもサブにもなる
  • 食べカスが口に残りにくい
  • 健康的な体の維持につながる
  • 低カロリーでダイエットに合う
  • 犬猫どちらにもOK(ブルーのみ)

筆者の愛犬の食いつきからみて、『ブッチを嫌いな子っているのかな?』ってくらいの反応です。

いつも同じフードのご家庭は、たまにの贅沢にブッチを試してみてはいかがでしょうか?

以上、ブッチのレビュー記事でした。

キャンペーン中
キャンペーン中
スポンサーリンク
ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
ボーダーコリー使い
ボーダーコリーをこよなく愛す飼い主。

好きすぎて、SNSでの発信に飽き足らず犬ブログを開始。実際に使用したペット用品を紹介や
その他、社労士/FPの知識をもとにペット保険選び方を解説!
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました