ボーダーコリー

【実体験】共働きが室内で犬を飼うと大変なことは!?

(※2020/03/26 更新)

どうも、共働きでボーダーコリーを飼っているしゅん太郎です。

今じゃ、共働きは当たり前。

だけど、犬を飼いたい

そんな共働きのご家庭も多いことでしょう。

  • 共働きだけど犬を飼いたい
  • 共働きで犬を飼うと大変なことは?
  • そもそも犬を飼う初心者

我が家も犬を飼う際に、上記の悩みを持っていました。

そんな悩みを経験した立場として、共働きで飼っている我が家の実体験を踏まえて、解決に導きます。

ちなみに我が家では、ボーダーコリー(中型犬)を愛犬に迎え入れました。

ボーダーコリーは飼うにはハードルが高めの犬種と言われていますが、共働き初心者のダブルパンチでも愛犬との生活を楽しめています。

安心してください

これからご紹介する大変なことへの対処を、しっかりこなせば共働きでも犬を飼うことは十分可能です。

犬を飼う気持ちが本物であれば、共働きでも愛犬に必ず幸せな犬生を送らせることができます。

もちろん飼い主さんも楽しい犬との生活がまっています。

対象者

・共働きで犬を室内で飼う方
・犬を室内で飼うことが初めての方

 

共働きだからこそ犬を飼う室内環境やルールを徹底!

我が家は、犬を室内で飼うしょっぱなからつまづきました。

サークル式のケージを買ったのですが、2日目にして脱走、、、
(※生後2か月)

しかし、仕事にはいかなければならない状況で応急処置的に布を被せたのですが、帰ると室内はウンチまみれオシッコまみれの状態。

共働きだからこそ、犬を飼う際の室内環境の準備はしっかりおこないましょう。

日中、室内の掃除や整理をすることができないのが共働きです。

飼いだしてから、あれが必要これが必要となる前に事前に犬種特徴性格を調べて準備をしましょう。

愛犬の快適な環境=飼い主の快適な環境

犬を室内で飼うには始めにルールを決めないと大変

室内環境やルールは、犬にとってはもちろんですが、飼い主さんにとっても大事です。

子犬の時期は、「なんて可愛いんだ」だけではすみません。

しつけや室内でのルールを、子犬の時期に教えておかなければ成犬になってからでは本当に大変です。

犬は今まで許されていたことを、急にダメだとしつけても覚えにくくなります。

例えば、我が家での実体験として、2階には上がってはダメというルールを始めに設けました。

そのルールは成犬になった今でもしっかり守ります。

しかし、ソファーに上がってはダメというルールを途中で設けました。
(※なぜなら、子犬の時期にソファーでオシッコをしてしまうから)

途中から設けたソファー禁止は、愛犬とは2年の付き合いですが未だに守れずにいます。
(※今となっては、トイレのしつけも問題ないのでいいですが)

共働きだからこそ、室内環境やルール(しつけ)をしっかり行いましょう。

いい子(成犬)に育てることが、共働きでも幸せに犬との生活を過ごせるコツです。

室内環境やルール(しつけ)は飼う前から決める!

別記事で、犬を飼う初心者が体験して思った、揃えておくべきものを紹介しています。

子犬を迎える準備をしようこれからの人生を共にする子犬が家に来る日・・・ とても楽しみですよね 😆  私も、その日は今でもワクワクしたのを覚え...

室内環境を整えることは子犬期の大変さを軽減

犬が成犬になるまでは、どうしても人間だけで生活するよりも汚れてしまいます。

室内で犬を飼う上で、必要な物は犬種のサイズで異なってきますがここで触れる室内環境は用意するものではありません。

  • 家電のコードやリモコン
  • 家具
  • 小物

なぜ、この3つが大事なのか?

特にリモコンと電気コードには十分注意して下さい。

なぜかというと、子犬期は歯がとてもカユク、色々なところを噛んでしまいます。

子犬だからと噛む力を、甘く見ていはいけません。

簡単にリモコンや電気コードを噛み砕いてしまいます。

通電していたら大変です。

友人の犬(ラブラドール)は子犬の時点で、リモコンや電気コードを噛みちぎってしまいました。

他にも、家具の足を噛み砕く子もいます。

本当にこれは気を付けていても、飼い主のスキを狙いすましたかのようなタイミングでやられます。

今日は、静かだなぁ

と思って目を離しているときは、寝ているときかイタズラをしているときです。

小物についても、飲み込めるサイズのものは手の届かない場所で管理してください。

・噛むNGの所を噛んだらおもちゃを加えさせる

・噛まれたり飲み込まれて困る物に対策を図る

噛んではNGの場所を噛んだら、ひたすらおもちゃを口に入れては、噛んだら褒めていました。

おもちゃを噛む楽しいと思い込ませることが大事です。

このおもちゃを噛ませるクセを、つけるつとつけけないとでは大きな差が出てきます。

ちなみに、これも友人のボーダーコリーの話ですが飼いだしてから10台のリモコンが噛み砕かれています。

成犬にもなれば、リモコンは人間にとってのスルメ程度の硬さといっていいでしょう。

手を甘噛みしてくるときも、おもちゃにすり替えてしつけを徹底しましょう。

犬は、木の棒はとても好みます。
我が家でも、すぐに口に加えさせれるのにも便利で、1歳になるまでは使っていました。

成犬になると歯の力が強くなり、ボロボロにするのでゴム製のものやロープにチェンジしました。

犬は、ロープを引っ張り合うことが大好きなので室内での遊びにはだいぶ重宝します。

音のなるおもちゃもあるのですが、中型犬以上を飼う場合はオススメしません。

1時間破壊されました。

トイレのしつけをしないと室内犬を飼う共働きには大変!

すでに触れていますが、トイレしつけ必須課題です。

どうしても子犬期は、たくさんトイレをします。

根気強く、しつけして覚えさせるしかないのですがこれがまた大変‼

目を離したり、気を抜く瞬間をついてトイレをやってくれます。

ユルユルウンチだと本当に悲惨で、カーペットや絨毯にされると本当に地獄絵図‼

トイレは犬を室内で飼う覚悟を試されているかのように大変

我が家は、トイレのしつけを甘く見ていました。

犬を飼う前から猫を飼っているのですが、この猫がなんとまぁお利口でトイレのしつけに悩みませんでした。

猫を飼う感覚で、犬を飼いだしたら部屋というよりも家の中がトイレだと思っているかのようにあらゆる場所にします。

トイレのしつけについては、これから先飼っていけるかと悩むくらい本当に滅入りました。

仕事から帰って玄関を開けると、家の中がニオイがじゅうまんしているし、夜中に吠えては片してと要求。

ケージの中でトイレをすると確実に踏みつぶします。

飼いだしてから知ったのですが、ウンチを踏み潰すとまたたくまに室内中さらに2階までニオイがじゅうまんします。

真夜中のトイレの片づけは、本当に堪えました。
(※小型犬だと少量ですし、大変さは少ないかも)

本当に、小型犬が人気なのがうなずけます。

トイレの解決策は、とにかく動きを予測して、しそうになったらペットシーツに連れて行き、したらとことん褒める。

それのみです。

ペットシーツですることを、とにかく覚えさせる以外に方法はないです。

・した時間記録に残して予測

嗅ぐとトイレの合図

食事運動後トイレ率高い

子犬期はトイレ問題は覚悟

トイレは、生後10か月を過ぎたくらいからだいぶ楽になりました。

1歳を過ぎた成犬後は、笑い話になるくらい楽になるので根気強くトイレのしつけを諦めないでください。

ちなみに、我が家で少しでもニオイを軽減するために空気清浄機ではなく脱臭機を活用しています。

下記の脱臭機は20畳くらいまだ対応していて、利用してからは一切ペット臭を感じたことがないです。

もちろん、愛犬の最低限の体のケア(シャンプーやブラッシング等々)もしています。

注意点として、トイレのニオイは現物があるかぎり室内にじゅうまんします。

あくまでも、片づけたあとのニオイやペット臭を急速に脱臭してくれる機能です。

空気清浄機も同じですが、現物がそこにあるかぎり、臭いものは臭いです。

愛犬が室内でトイレを覚えるまでは高額なマットは不要

犬にとって、フローリングは足腰に悪く子犬期には正直さけたいところ。

そこで、我が家も飼う室内の部屋一面にマットを敷き詰めました。

1枚500円のマットで、敷き詰めるのにかかった費用1万5千円、、、

あらゆる場所にオシッコ、ユルユルウンチをされて衛生面を考えると清潔を保てそうにありませんでした。

留守番時は、脱走して地獄絵図状態・・・
(※後に、すぐさま脱走出来ないケージ購入)

とてもじゃないですが、洗えるマットとはいえキレイにしきれませんでした。

それにしっかりしたマットなんで、1枚1枚が重い

1枚洗うのにとても一苦労で、分厚いから渇きも遅くデメリットが多かったです。

逆に薄くて安いマットですと、走り回ってはずらしてしまうので活発な犬種を選んだ場合はマット全般オススメしません。

トイレを覚えるまでは汚れてもいい安いカーペットにしよう

ちなみに、フローリングのままで飼う場合は定期的な肉球や肉球の間の毛のカットをしてケアを徹底してあげて下さい。

子犬の時期は、とくに体のケアを怠らないようにしましょう。

犬の肉球は、散歩を始めるとカサカサになるのでクリームを定期的に塗ってあげることでフローリングでも滑りにくくなります。

ドッグ用シャンプー「厭わず」使ってみた!全犬種にオススメ!(※更新日 2020/05/30) こんにちは、しゅん太郎です。 愛犬の衛星面のためにも欠かせないシャンプー‼ 我が...

共働きで室内犬を飼うならしつけ教室を活用

我が家は、共働きかつしつけが絶対的に必要な犬種NO1の知能を持つボーダーコリーを飼っています。

ボーダーコリーは、しつけをしっかり行わないと手の付けられない犬種としても有名です。

でも、どうしてもボーダーコリーとディスク競技をして遊びたかったとい思い出で飼いだしました。

フリスビーどんな犬種でも出来る教え方!【画像解説】~ディスクキャッチ~(※更新日 2020/05/17) こんにちは、ボーダーコリーと共に暮らす社労士しゅん太郎です。 愛犬と散歩以外にもアクティブな遊び...

ですが、子犬の時期のしつけはやはり大事だと思い近くのしつけ教室に通わせることにしました。

ぜひ、子犬の間はしつけ教室を活用することをオススメします。

しつけ教室は室内で犬を飼う共働きの大変さを軽減

共働きですと、どうしても1日中家で留守番ってことになりますよね。

しつけは必要、ほっとくのも心配ということで、成犬になるまでの間はしつけ教室に預けることにしました。

毎日は、費用的にキツイこともあり、子犬期は平日の週3日間、出勤前に預けることにしました。

まさに、子供幼稚園です。

ですが、非常に効果的で、プロがトイレのしつけや治してほしいことを伝えておくと訓練もしてくれます。

大抵のしつけ教室が、1日3千~4千円程度です。

お金に余裕がある方は、ぜひ活用しましょう。
(※ちなみに、我が家は余裕なんてなかったので職業上、夜勤をたくさんしてしつけ費用を捻出)

そんなお金はないというかたは、休みの日にでもしつけ教室に飼い主さん同行のもとしつけ方法を教わるのも手です。

飼い主さんもしつけ方法を学ぶことは大事

 

社会化期の子犬には共働きでは出来ないしつけ教室の訓練!

社会化期?」

生後2か月~3か月の間を社会化期といい、成犬になるうえでとても大事な時期です。

社会化期の間に飼うことになるのであれば共働きである以上、しっかりとプロのしつけも受けておくべきです。

共働きが続く以上、成犬になったときの飼いやすさは本当に大事です。

我が家も成犬までの間は、だいぶ費用がかかりましたがとてもいい子に育ってくれて楽しい生活を過ごせています。

共働きの飼育まとめ

室内環境ルールを飼う前に決める

トイレしつけ根気強く諦めない

しつけ教室活用

この3つの意識で行動で、共働きでも犬との快適な室内飼いが叶います。

 

最後に、我が家の愛犬をご紹介します。

ボーダーコリーにご興味があれば、別記事でぜひ参考にしてみててください。

本当に、賢さが実感できる人間味を感じる犬種です。

愛犬との散歩!ランニングリードのオススメ商品!【購入者意見】(※更新日 2020/04/30) こんにちは、ランニングが趣味の社労士しゅん太郎です。 健康意識もかなり高まり、ランニングする人も...

 

ペット保険 資料請求

ペット保険一括資料請求

ABOUT ME
しゅん太郎
しゅん太郎
30代社労士が働く保険、生活に欠かせない公的保険の情報をどこよりもわかり易く紹介! その他に、30代のリアルな貯蓄事情やボーダーコリーの情報も発信中!